Oxford Reading Tree: Level 10+: Treetops Time Chronicles: Matrix Mission

制作 : Mr. Alex Brychta 
  • Oxford University Press
4.20
  • (2)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :17
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・洋書 (40ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780199119110

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 1997
    Neena, Gutenberg and the Matrix.

  • 今度はNeenaの冒険です。NeenaはTimeWebの部品の一つである、Matrixというキーボードのようなものを見つけてくる役目を負っています。Neenaが出会ったのは、Johannという男の子。NeenaがMortlockの名前を口にした途端、すべてを理解したようでした。Neenaを連れて、ある場所へ向かいます。ここはドイツのマインツという街、1411年です。Johannと一緒にMatrixを探しに行くのですが、Viranに見つかってしまいます。Johannは歴史上の人物で、Johannes Gutenbergという、金属活字を使った印刷技術を発明した人です。

  • 【YL1.7 1997w】


    今回はNeenaの冒険です。
    1411年のMainz、Johannがろうそくの明かりをたよりに本を書き写しているところへ突然現れたNeena。でもjohannはNeenaが未来から来るのをしっていたよう。
    どうやらMortlockがいろいろ段取りをしているようですね。

    お恥ずかしいことに、協力者のJohann Gutenbergがピンときませんでしたが、活版印刷の発明者なんですね。英語だけでなく歴史の勉強にもなります(^-^;


    *Happy Reading Clubから借りた本

  • Neenaが一人たどり着いたのは1411年のMainzにある教会。そこで写本をしていたJohannは驚きのあまりインクをこぼしてしまいますが、Neenaが来た目的をすぐに理解し、Matrixのありかへと誘います。さて、このJohannとは一体誰だったのでしょうか?1997wd

全4件中 1 - 4件を表示

Oxford Reading Tree: Level 10+: Treetops Time Chronicles: Matrix Missionのその他の作品

Roderick Huntの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
Marjorie...
有効な右矢印 無効な右矢印

Oxford Reading Tree: Level 10+: Treetops Time Chronicles: Matrix Missionはこんな洋書です

ツイートする