Capitalism and Freedom

  • University of Chicago Press
3.80
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 17
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・洋書 (212ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780226264219

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 難しい・・・・

  • 元祖マネタリスト、Milton Friedmanの著書。

    個々人の合理的な選好に基づく経済活動がいかにして利益の総計を最大化するのかについて書かれていて、そのロジックがとても面白い。「自己の利益を追求すれば究極的に社会のためにもなる」という信念が、この国を支えてきたのかなという印象さえ受ける。

    民主主義と資本主義、自由市場の関係についても詳しく触れていて、市場の自由を促進することこそが民主主義の発展のためになると説く。

    正直レビュー書くためにざっと読んだだけなので、上記のようなwikipediaレベル(それ以下?)の感想文になってしまいました。冬休みにじっくり読み返したいところです(特にk%ルールのあたり)。

  • Chap2 "The Role of Goernment in a Free Society"
    世銀やIMF的考えにはどうしても納得がいかない。やっぱ途上国での構造調整の失敗を考えると小さな政府だけでいいのか?という気がする。

  • 資本主義(Free market、Free trade、etc)がEconomic successを支え、そしてPolitical freedomにつながってゆく

全4件中 1 - 4件を表示

Capitalism and Freedomのその他の作品

Capitalism and Freedom: 40th Edition ハードカバー Capitalism and Freedom: 40th Edition Milton Friedman
1-B07DNSTY9Mの詳細を見る Audible版 1-B07DNSTY9M Milton Friedman
Capitalism and Freedom MP3 CD Capitalism and Freedom Milton Friedman

Milton Friedmanの作品

ツイートする