A Tale of Two Cities Beginner Reader Macmillan

著者 :
  • Macmillan Education
3.43
  • (0)
  • (3)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 26
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・洋書
  • / ISBN・EAN: 9780230035089

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 語数:6751/YL:1.8/電子ブックへのリンク:https://elib.maruzen.co.jp/elib/html/BookDetail/Id/3000006343

  • 総語数:6751
    本文リンク
    https://elib.maruzen.co.jp/elib/html/BookDetail/Id/3000006343

    【自宅・スマホ・タブレットなどからアクセスするときは】
    「便利な使い方マニュアル」をご覧ください。
    http://www.lib.ynu.ac.jp/search/maruzen_PDA.pdf

  • 短くて最後の処刑の場面にあまり感慨がなかった。
    こういう本は英語の勉強をするモチベーションになる。

  • 武庫川女子大学の方はこちら(学内から)↓
    https://elib.maruzen.co.jp/elib/html/BookDetail/Id/3000006343

  • 図書館HP→電子ブックを読む 
    Maruzen eBook Library から利用
    【レベル】2 【総語数】6751

    【リンク先】
    https://elib.maruzen.co.jp/elib/html/BookDetail/Id/3000006343

  • ラストを読んで泣きそうになった。
    通勤中じゃなくてよかった。

    Sydneyはとにかく疲れたんだよ。
    ずーっと休みたかったんだよ。

    Sydneyは公開処刑されたが、
    実は合法的な自殺といっていいんじゃないか。

  • Moodle Readers Level 4

  • 5,400 words

  • ディケンズの「二都物語」簡略版です。


    あらすじを書こうと思ったんですが、

    どうまとめて良いのか分からなかったので、飛ばしました(爆


    フランス革命に巻き込まれた人々の話と言ったら良いでしょうか?

    ストーリーも知らず、購入したのも結構前なので、

    なぜ買ったのかも覚えてません;;

    たぶん、古典のリトールドだったから…かな?


    MMRなので文体は簡単で、

    ちょっとあらすじを追ってるだけになってしまうところがありますが、

    それでも十分楽しめました。

    なんか、昼ドラみたいに一難去ってまた一難…

    登場人物も多いですが、最初に挿絵付きで説明があるので大丈夫でしたw


    PGR5版もあるようなので、

    レベルアップしたら、また読んでみたいです☆

  • 舞台はフランス革命時のパリとロンドン。
    フランスの貴族のCharlesは祖国を離れ、ロンドンでひっそりと暮らしていたのだが、スパイの容疑をかけられ法廷へ、そこで自分とよく似た青年と出会う。

    「貴族はどんな者でも敵」そんな空気が支配していた時代の物語。
    Charlesの運命がどうなるのかに先が気になりいっきに読み終えました。
    CharlesにそっくりのMr.Sydneyの生活とか背景があり描かれていなかったのが残念ということで、★4にしました。
            

全11件中 1 - 10件を表示

A Tale of Two Cities Beginner Reader Macmillanのその他の作品

A Tale of Two Cities ペーパーバック A Tale of Two Cities Dickens
A Tale of Two Cities ハードカバー A Tale of Two Cities Dickens
1-B07G65NP47の詳細を見る Kindle版 1-B07G65NP47 Dickens

Dickensの作品

ツイートする