Macmillan Readers L A Winners Elementary Reader Without CD

著者 :
  • Macmillan Education
3.80
  • (2)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 24
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・洋書
  • / ISBN・EAN: 9780230035102

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • URL:https://elib.maruzen.co.jp/elib/html/BookDetail/Id/3000006381

    YL:2.8-3.2 語数:12419

    学外からの閲覧方法
    1.学認アカウントをお持ちの方はこちらをクリック
    2.「長岡技術科学大学」と入力して、選択をクリック
    3.統合アカウントを入力してログインする
    4.同意方法を選択して同意をクリック

  • *こちらは電子ブックで所蔵しています。
    総語数:12419語

    閲覧はこちら↓
    https://elib.maruzen.co.jp/elib/html/BookDetail/Id/3000006381

    学外からのアクセスは初回登録が必要です。
    登録方法はこちら↓
    https://library.kansaigaidai.ac.jp/?action=common_download_main&upload_id=780

    関西外大図書館OPACのURLはこちら↓
    https://opac1.kansaigaidai.ac.jp/webopac/BB40067666

  • 語数:9800/YL:2.8/電子ブックへのリンク:https://elib.maruzen.co.jp/elib/html/BookDetail/Id/3000006381 電子ブックへのリンク(学外ネットワークからのアクセスはこちら):https://login.ezoris.lib.hokudai.ac.jp/login?url=https://elib.maruzen.co.jp/elib/html/BookDetail/Id/3000006381

  • http://search.ebscohost.com/login.aspx?direct=true&scope=site&db=nlebk&db=nlabk&AN=527464

    ロサンゼルスの私立探偵レニー・サミュエルが登場するシリーズの1冊。レニーのとこに持ち込まれた「馬を探してほしい」という依頼。しかし依頼人の女性は何かを隠しているようです…
    ハードボイルドになりきれないレニーがコミカルです。

    静大IDでログインすれば、自宅からでも読むことができます。

    【学外から利用するには(静大生のみ)】
    1. 画面上の「Institutional Login」をクリック
    2. 「Select your region or group」の「Japanese Research and Education – GakuNin」を選択し、一覧から「静岡大学」を選択
    3. 静大ID/パスワードを入力

  • 総語数:12419語

    本文リンク[学内限定]
    https://elib.maruzen.co.jp/elib/html/BookDetail/Id/3000006381?89

    学外からのアクセス方法
    https://library.otaru-uc.ac.jp/ebook_offcampus/

  • 武庫川女子大学の方はこちら(学内から)↓
    https://elib.maruzen.co.jp/elib/html/BookDetail/Id/3000006381

  • お話の8割は、いなくなった馬探し。
    残り2割がいなくなった馬の独壇場。

    馬ってすごく情が深い。賢い。
    嫌なものはいや。
    好きなものに対してはものすごく空気読んで、抜群の行動をする。

  • 文章も短くて辞書なしでも読み易かった。ストーリーも単純だが、ミステリで楽しめた。

  • 私立探偵のサミュエルは失踪した馬を探して欲しいとの依頼を受けるが、依頼者は事件の詳しい状況を話したがらない。
    何やら訳がありそうな依頼者なのだが・・・・

    MMR2 “L.A.Raid”のそのその後の話です。
    サミュエル、お金を借りてハワイへ行っていたとは・・・
    お金を貸してくれたハーマン、話に絡んでくるのかなと思っていたのですが拍子抜け。
    次回作の布石でしょうか?
    語数の割には短い文で構成されているので読み易いです。 

全11件中 1 - 10件を表示

PhilipProwseの作品

ツイートする
×