Macmillan Readers Owl Creek Bridge and Other Stories Pre Intermediate Without CD Reader

  • Macmillan Education
3.67
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 20
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・洋書
  • / ISBN・EAN: 9780230035171

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • URL:https://elib.maruzen.co.jp/elib/html/BookDetail/Id/3000006404

    YL:3.4-3.6 語数:15042

    学外からの閲覧方法
    1.学認アカウントをお持ちの方はこちらをクリック
    2.「長岡技術科学大学」と入力して、選択をクリック
    3.統合アカウントを入力してログインする
    4.同意方法を選択して同意をクリック

  • 小樽商科大学附属図書館電子ブックへのリンク
    https://elib.maruzen.co.jp/elib/html/BookDetail/Id/3000006404

    学外からのアクセス方法:
    VPN接続後または事前に登録したメールアドレス・パスワードでログインしてください。

  • 総語数:15042
    本文リンク[学内限定]
    https://elib.maruzen.co.jp/elib/html/Viewer/Id/3000006404

    【学外からアクセスするときは】
    「学外アクセス利用ガイド」をご覧ください。
    https://www.hue.ac.jp/library/f3huum0000000if4-att/Maruzenebookremoteaccess.pdf

  • 武庫川女子大学の方はこちら(学内から)↓
    https://elib.maruzen.co.jp/elib/html/BookDetail/Id/3000006404

  • 図書館HP→電子ブックを読む 
    Maruzen eBook Library から利用
    【レベル】4 【総語数】15042

    【リンク先】
    https://elib.maruzen.co.jp/elib/html/BookDetail/Id/3000006404

  • 第一話:削がれます。この走馬灯ばなし。
    第二話:同じことが三回続くとNG。
    第三話:限りなく後見人がクロと思われ。
    第四話:これってプレデター?
    第五話:あなたの近くにいました。死んでましたけど。
    第六話:幽霊にすら、なれなかった。
    第七話:変わった。最悪な方に。
    第八話:男と女の間の溝をよく例えてます。馬鹿女。

  •  表題作の『アウルクリーク鉄橋』がすごくよかった。ラストの一文“Peyton Farquhar was dead; his body, with a broken neck, swung gently from side to side beneath the timbers of the Owl Creek bridge.” がいろいろ衝撃的すぎた。第二章で縊死から脳死までの時間に繰り広げられる緊迫した幻想とラストとの落差が大きく、忘れられない話になった。ところで芥川の『首が落ちた話』を思い出したんだけど、芥川さんはビアスの影響とか受けているのかな。
     他『怪物』『見知らぬ男』も好きな話。

全13件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする
×