The Catcher in the Rye

著者 :
  • Penguin
4.00
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 23
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・洋書 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780241950425

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ネイティブな語句が多いように感じた。

  • 関西外大図書館OPACのURLはこちら↓
    https://opac1.kansaigaidai.ac.jp/webopac/BB40161812

  • TOEIC800点くらいで読めました!

  • ある夜、博多駅近くのバーで本を読んでいると、隣の、韓国訛りのある女性――あとで聞けば社長夫人ということだったが――に話しかけられた。ワタシはそれを原文で読んだことがある。とてもflankな英語だから、アナタもぜひ原文で読むとイイ、と。

    それがJ.D.Salinger "THE CATCHER IN THE RYE"である。ホールデン16歳の、高校を追い出されたあとの三日間。やりきれないことばかりのニューヨークで、それでも絶望せずに――for God's sake!! ――生きていくことを決意する。

    感想はたくさんあるけれど、一つ挙げるとすれば、その見事なモチーフの使い方だ。赤い安っぽいハンチング・キャップや、亡弟のAllieの野球のミット(詩が書かれている)、貧しい二人の修道女――。それぞれが重くfactorを握り、心象を強く残していく。

    名も知らぬ夫人に謝辞を。

全4件中 1 - 4件を表示

J. D.Salingerの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする
×