Recursive Macroeconomic Theory

  • The MIT Press (2004年9月3日発売)
3.67
  • (1)
  • (5)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :29
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・洋書 (1120ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780262122740

Recursive Macroeconomic Theoryの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 有名なマクロ理論の本。重要なトピックスを大体網羅しています。ニューケインジアンの内容は殆ど無いですが、Bewleyの不完備市場モデルなど今後、重要になってくるような分野が多数扱っている印象を受けます。しかしながら所々説明が足りなく、多少分かりにくい気がしました。気になる箇所は該当論文を自ら調べるしかなさそうです。
    3eも出ましたが未読ですので、終わり次第レビューしたいと思います。

  • コースワークの定番らしいので読んでるが重すぎて持ち運べない..読むたびに発見がある

  • マクロ経済学教科書の最高峰。読み通すには、DP、時系列の他、ミクロ経済学上級の素養(非対称情報モデル、繰り返しゲーム等)が必要。

  • 一人で勉強するのはまず無理。トピックをここぞとばかりに詰め込んでいるが説明は丁寧ではない。DPが使えないと読むことも出来ない。講義の副読本。

  • 339/L78 H 重要度低

  • DPばりばり。Stokey and Rucas とセットでどうぞ。

全6件中 1 - 6件を表示

Recursive Macroeconomic Theoryのその他の作品

Recursive Macroeconomic Theory ハードカバー Recursive Macroeconomic Theory Lars Ljungqvist

Lars Ljungqvistの作品

Recursive Macroeconomic Theoryはこんな洋書です

ツイートする