Timbuktu: A Novel

著者 :
  • Picador USA
3.00
  • (0)
  • (2)
  • (10)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 18
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・洋書 (181ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780312263997

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 犬と人間が対等の立場で話ができるという場所・ティンブクトゥ。ホームレスだった飼い主のウィリーが亡くなったあと、飼い犬のミスター・ボーンズはティンブクトゥでウィリーに再会できることを願い、街を放浪する・・・。

    この物語を文学的に読み解くなら、自分の置かれた状況を運命として受け入れ、その制約の中で生きていくのは人間も犬も変わらない・・・というところだと思いますが、まあ、でもそこまでのメッセージもストーリー性もないような(笑)

    個人的には最後に出てきた家族とのふれあいが良かったです。

    物語の前半で、精神を病んだ浮浪者ウィリーの独り言が支離滅裂すぎて、あやうく挫折しそうになりました。
    ウィリーの死後はかなり読みやすくなりました。
    想定内ですが、最後はやっぱり涙でました・・・。

  • <07/1/29途中放棄>

  • 漱石の‘吾輩は猫である’の様に犬の目を通して語られるストーリー。

  • 所有

全4件中 1 - 4件を表示

Timbuktu: A Novelのその他の作品

Timbuktu ペーパーバック Timbuktu Paul Auster
Timbuktu ペーパーバック Timbuktu Paul Auster
Timbuktu ペーパーバック Timbuktu Paul Auster

Paul Austerの作品

ツイートする