Outliers

著者 :
  • Little, Brown and Company
4.05
  • (7)
  • (9)
  • (3)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 97
感想 : 9
  • Amazon.co.jp ・洋書 (384ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780316056281

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 勝間和代のあとがきが深くてシビレル。
    成功者は生まれつきの才能ではなく、
    生まれた環境やタイミング、制度等の好機をものにし、
    一万時間を超えるものすごい熱量の努力をしたから成功できた
    成功して不平等な社会に好機を提供できる人材になってほしいと。

    豊かな社会にするためには、当たり前になっていることに新たな機会を与えることが必要

    自分の好機はなんだろう
    ・不自由なく教育が受けられる国と家に生まれたこと
    ・身の回りに本がある環境で育ったこと
    ・自然が近くにあったこと
    ・良き家族、パートナー、友だちに恵まれたこと
    ・担任以外の立場も経験させてもらえたこと
    ・留学に行かせてもらえたこと

    文化的な遺産はなんだろう
    ・よいもの
    勤勉 素直

    ・わるい
    完璧主義、〜するべき思考


    ○参考になったこと
    人を幸せにする仕事の条件
    ①自主性 ②複雑さ ③見合う報酬
    親の働く姿や職業は子に影響する

    共同教育
    夏休み中も絵本、博物館、サマーキャンプなど環境を提供した親のもとで育った子どもは読む力が伸びた

    ミスターチャンスみたいになりたいな

  • 事例やストーリーが豊富で読みやすい。著者マルコム・グラッドウェルの原作が良いのはもちろん、翻訳の勝間和代さんの文章が読みやすいからだと思う。

    1.わずかなアドバンテージが将来を左右する
    アメリカのアイスホッケーのユースには学年度の初めの方に生まれた選手が多い。早く生まれた子供の方が体格が良いため選別されやすく、選別された子には更に練習の機会が与えられる

    2.一万時間の法則=天才になるために必要なトレーニング量
    一流の音楽学校の学生がトップになれるかどうかは、長時間練習するかどうかだけ

    3.同様の好機があったとしても、そのタイミング次第次第で成功するかどうかが分かれる

    4.IQが基準値以上でもしない人もいる
    差を生むのは想像力や社交性などIQ以外の要素。それらの要素を育むのは家庭や育った環境。

    5.成功した一部の人々は、当時の成功者の仲間に加われなかったか敢えて加わらなかったからこそ、成功できた

    ■その他印象に残った点

    ・満足度の高い仕事の条件
    自主性
    複雑さ
    努力に見合う報酬

    ・アジア人が数学に強いのは、
    1.数の数え方が、文字数も少なく覚えやすい
    2.水田を耕す文化(労働すればするだけ報酬が多くなるため勤勉で粘り強くなる)

  • アメリカで勧められ、やっと読み終わった。アウトライアー=天才というよりは例外的な人物と表現しており、その人物がいかに成功したか? それは文化的な理由(田んぼと数学の話)、ビートルズにおけるフランクフルトでの修行、ビルゲイツにおける近くでコンピュータ使い放題の環境があったこと、そして生まれた時代など多くの要素が関係しているということであった。つまり能力が高ければ必ずしも成功せず運も必要であり、かつ勤勉さ(長時間働く)も必要だとしている。日本はむしろ逆行しており、長時間働くことも必要というとブラック呼ばわりされる世の中だが、時としてそのような時間は必要だと思う

  • どんなに高い能力を持っていても、それが実を結ぶには環境が重要。殊に教育に関しては、親や先生といった周りの大人の考え方一つがその子の人生を左右しかねない。


    そこまで難しい英語ではないしチャプターがいくつかあるので、興味のあるものから読んでいってもいいと思う。

  • 2012/06/12の第五回 池袋読書会で紹介された

  • 傑出した成果を出すためには、持って生まれた資質以上に"持って生まれた環境"が重要であるということを、アイスホッケーのプロ選手、ビジネスの成功者、アメリカ移民、飛行機事故、東洋言語、田植え文化などにおける研究成果を援用してひとつの興味深いダイナミックなストーリーとして紡ぎ出していて面白い。
    Power Distance Index についてもっと知りたいと思った。

    Kindle 購入後2冊目の洋書。単語長押しで辞書が開くのがとにかく便利。

  • I read this book. i got impression three point.
    ・ice hockey
    ・10000 hour
    ・1954 or 1955

    First, in ice hockey team, most player were born Jan or Feb or Mar. It shows that the player who are born in early month get advantages, because they are bigger than others among childhood, so they can receive opportunity to practice and they will be elite.

    Second, If you want to be specialist, you have to spend 10000 hour. The Beatles play music in night pub many hours, so it make them grow professional. Bill Gates use the program and he spent over 10000 hours, so he would specialist.

    Third, the birth year is important to become great person, because many great people who were born in 1954 or 1955. It said that there is a timing to receive the stimulus and people can take advantage of their experience.

全9件中 1 - 9件を表示

MalcolmGladwellの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェームス W....
マルコム・グラッ...
リンダ グラット...
J・モーティマー...
デールカーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×