Bridget Jones's Diary (Film Tie-in)

著者 : Helen Fielding
  • Picador (2001年3月23日発売)
3.28
  • (4)
  • (7)
  • (29)
  • (3)
  • (0)
  • 本棚登録 :76
  • レビュー :10
  • Amazon.co.jp ・洋書 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780330375252

Bridget Jones's Diary (Film Tie-in)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 普通の小説よりもスイスイ読み進められた。日記形式だったからかな? The Edge of Reasonもそのうち読んでみよう。

  • 30代、まだまだ若い人の日常で使われる英語は私にはとても難しかったです。
    日記という形式で書かれてあるため、話が飛んだり、急に場面が変わったり、なかなか筋がつかみにくかったように感じました。 
    イギリス英語の日常会話を学びたい人にはお勧めの本だと思います。

  • 英語勉強用の軽い読み物としてはおすすめ。内容はハッキリ言ってくだらない部類だが嫌いではない。英国らしく、ギャグは時に下品だが、ビミョーな30代前半の女性の気持ちは世界共通なのだと感じさせてくれる。

  • もう大好き! 大ファン!
    読んで損しない。
    いまだに何度も読み直している。

    映画も最高に面白かった。
    コリンは私の理想!(笑)


    【自主的に購入】

  • これ、もうかってから3年くらいたつけどまだ半分位しか読んでない。

  • Hilarious.Love girls!

  • 英語では読めなかったけど、好きな映画

  • Hilarious!映画ではとっくに見てるし、第2弾も見てるけどやっぱりおもしろい。こういう日記形式の小説がおもしろいのは、やっぱり「他人の生活を覗き見してる」感があるからなのか?映画では披露されていないエピソードもいっぱいあって、愛すべきキャラクターばかりで、読み終わった後はすごくハッピーになれる。何も考えずに、楽しめる作品。

    あ、でも先日10歳位年上のお姉さまに「Bridget Jones、笑える…?確かにストーリーは面白いけど、私、もう内容的に笑えない歳になっちゃってるんだけど…。」とつぶやかれた。

  • Bridgetという女性の日記形式の本。
    イギリス英語だからか、口語だからか、日記文体だからからか、
    結構理解出来ない箇所が多かった。
    こういう文章を抵抗なく、すんなり読めるようになったら、
    相当英語の力がついたということなのだろう。

  • 62000words

全10件中 1 - 10件を表示

Bridget Jones's Diary (Film Tie-in)のその他の作品

Helen Fieldingの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
東野 圭吾
Sidney S...
三島 由紀夫
ヘミングウェイ
有効な右矢印 無効な右矢印

Bridget Jones's Diary (Film Tie-in)はこんな洋書です

Bridget Jones's Diary (Film Tie-in)を本棚に登録しているひと

ツイートする