A to Z Mysteries: The Missing Mummy

著者 :
  • Random House Books for Young Readers
3.56
  • (3)
  • (9)
  • (15)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 55
レビュー : 16
  • Amazon.co.jp ・洋書 (96ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780375802683

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 今回は、ある博物館でのイベントに参加しているときに事件が起こる。

    物語どうこうはいつもどおりだが、ちょっとポテトが食べたくなってしまった。

    *この本の表紙絵は、いつも読んでいるシリーズと同じ絵。なぜかいつも違う絵が登録されるが。

  • YL: 3.0-3.5
    7,537語

  • 何で博物館の博士が、レストランの姉ちゃんと泥棒しなければならないのか?トリックは面白いが動機は・・・・

  • [図書館]
    読了:2012/8/18

    7537
    45.5

    なんでドクター持っててちゃんと職についてる人がこんな泥棒する必要があるのか?とか考えちゃった。
    Wet Wednesday のオチは面白かった。

    p. 49 The thieves are still at large.

    p. 62 The way she was lugging that pile of dishes...she reminded me of one of the robbers last night.

  • 7537words

  • オーディオブックで聴きました。
    Mummyがミイラで、coffinがひつぎ

  •  A to Z Mysteries # 第13巻。Kindleで購入。どんどん事件は大きくなるが、今回は、犯人はなかなか想像できなかった。とはいえ解決方法はあまりにもらしといえばらしい……ナンセンスでも面白い!

  • YL3.5 / 7537 w
    A to Z Mysteries #13

  • ディンクとジョッシュとルース・ローズの3人は夏休みに隣町の博物館の子供向けのプログラムに参加します。
    月曜日はMummy Monday。
    古代エジプトのミイラの展示を見に展示室に子どもたちが入ったとき、ブロンドの髪の女が入ってきてミイラを盗み出したのです!
    さて、なぜミイラが盗み出されたのか?犯人は誰だ?

  • 2010/2/27読了。
    港区図書館。

全16件中 1 - 10件を表示

RonRoyの作品

ツイートする
×