Dragon of the Red Dawn (Magic Tree House (R) Merlin Mission)

著者 :
  • Random House Books for Young Readers
3.35
  • (2)
  • (4)
  • (13)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 54
感想 : 17
  • Amazon.co.jp ・洋書 (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780375837289

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ジャックとアニーがマジックツリーハウスでやってきたのは、江戸時代の日本。
    なんだかツリーハスは江戸城のお庭に降りたったようです。(汗)
    魔法の杖を持つことを許されているジャックとアニーですが、その使い道は自分たちのためではなく、人のために使わなければいけません。
    江戸では出入りを制限されていてパスポート(通行手形のことかな?)が必要。
    そんなものを持っていないジャックとアニー。
    お侍さんに通行手形を見せろと言われて困っているところを助けてくれたのは、なんと松尾芭蕉~
    ジャックとアニーは芭蕉に連れられ江戸をみて歩き、芭蕉の庵に一泊します。
    そんな時、江戸の町で火事が起こります!
    魔法の杖をどう使えば江戸の町を救えるのでしょうか~


    この火事で芭蕉の庵が焼けているので、天和2年の八百屋お七の火事でしょうか?

    なかなか突っ込みどころの多い日本についてのあれこれ。
    マジックツリーハウスで日本に来たのは二度目。(5巻で日本が出てきます。)

    挿絵はイラストレーターが日本や着物を知らないせいでしょうからしょうがないですねぇ~。
    メアリー・P・オズボーンさんは日本にいらしたことがあるそうです。
    きっとその時、レストランなどで温かいおしぼりが出されたことが印象的だったんでしょうねぇ。
    芭蕉やジャックとアニーはお寿司屋さんでおしぼりを使っています。
    う~ん、その時代に温かいおしぼりがあったかな???
    巻き寿司も、鉄火巻きみたいに生のお魚は入っていないんじゃない?


    まぁ、アメリカでは誰も気が付かないでしょうからねぇ。
    だから誰からも苦情は来ないでしょう。
    時代考証もいい加減なのでしょうかね。(笑)

    まぁ、あまり深く考えずに読みましょうか。
    日本語版ではどう訳されているのかしら?
    日本のこどもも江戸時代から温かいおしぼりが出てくるなんて思ってたらやだなー。

  • 総語数:11273

  • マーリンを救うために、ジャックとアニーが江戸時代の日本を訪れるお話でした。
    奇抜なイラストやストーリーに違和感があって、物語としては今ひとつでした。(^^;

  • 11,273語

  • 今回は日本が舞台です。芭蕉がでてきて俳句のお話です。所々首をかしげるところがありましたが、楽しめました。

  • YL: 2.5 - 3.5
    11,273語

  • YL 2.5 - 3.5
    Wirds 11,273

    Jack and Annie mert Basho in Japan.

  • YL3.5 / 11,273w
    Magic tree house #37
    210冊目/1,057,614w

  • 今回の冒険の舞台は、江戸時代の日本。
    そして、アニーとジャックが案内してもらうのは、
    「芭蕉」、松尾芭蕉でした。

    場所の意味が、バナナの木のことを表しているとは、
    この本から知りました。

    とても楽しく読めました!

  • 2137

全17件中 1 - 10件を表示

Mary PopeOsborneの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×