Haunted Castle on Hallows Eve (Magic Tree House (R) Merlin Mission)

  • Random House Books for Young Readers
3.40
  • (4)
  • (6)
  • (13)
  • (0)
  • (2)
本棚登録 : 57
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・洋書
  • / ISBN・EAN: 9780375860904

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 10,737語

  • ravenは、crowとは違うのか。よくわからないけど、わかった。
    10,737

  • 多読7冊目、所要時間175分。

    とりあえず二日に一冊のペースでは読めているけど、ほかの巻に比べて読むのに時間がかかったみたい。

    社会科が苦手だった人にもこのシリーズはおすすめで、出来事のようすや雰囲気がイメージできて、勉強になります。

  • 第30巻。(29巻から長さが倍になった。)
    Storyが複雑になった。
    Wizardのミッションが始まる。

    Ravenというカラスに似た、カラスよりも大きい黒い鳥がカギ。

    前は挿絵のある頁は文章が短い、と喜んでいたが、今回は、挿絵をじっくり見ました。だから、より楽しかったのかもしれない。(Mich)

  • YL: 2.5-3.5
    10,737語

  • 2130

  • Merlin missionになってから文字数も多くなり内容も濃くなった感じです。GRに比べると児童書は難しいですが、内容は面白いです。しかし、MTHも最初からすべて読んでいるのでワンパターンで少々あきてきました。Teddyが再登場するのはご愛敬でよかったです、相変わらずドジな魔法使いの弟子ですね。

  • YL3.5 / 11,000w
    Magic tree house #30
    203冊目/977,610w

  • YL2.5-3.5
    Words 10737

    When I started reading I couldn't understand meaning of "Bring order to A".
    Ah, I GOT IT!!

    And I was so glad to see Teddy again!

  • 前巻に引き続きMerlin Missionです。

    ハロウィーンの日の夕方、メルリンからの招待状がジャックとアニーのところに届く。今回のミッションは、カメロット領内にあるお城に秩序をもたらすことだ。相棒はずっと前の巻に出て来たTeddyです。

    この巻はちょっとイマイチかな。さすがに30巻も読んでいると、話のパターンが読めてくるのだけれど、この巻は全く意外性も驚きもなく無難に終わります。
    話の舞台がバラエティに富んでいるのがこのシリーズの良いところだけど、カメロットだとありがち過ぎて話のパターンが読めちゃう。
    同じくメルリンミッションの31巻を読むかどうか考え中。

全14件中 1 - 10件を表示

Mary Pope Osborneの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
Marjori...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×