Dear Mr. Henshaw

  • 23人登録
  • 3.60評価
    • (3)
    • (3)
    • (9)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : Beverly Cleary
制作 : Paul O. Zelinsky 
  • HarperCollins (2000年5月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・洋書 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780380709588

Dear Mr. Henshawの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • YL: 4.0-5.0
    17,812語

  • 両親が離婚して、母親と暮らすことになった少年レイ。新しい学校にも馴染めず、大好きな一冊の本だけが友達。
    レイの成長、両親の愛と葛藤、周りの子供や大人たちの様子がレイの日記と作家へのファンレターによってのみ描かれる。多くは語られないが、読者の想像力を喚起するには丁度いい巧みな描写で、児童文学とはいえ、子供と一緒に読む大人もジーンとしてしまう。Deserves Newbery Medal.

  • [図書館]
    読了:2014/8/13

    17812

    Reading Level: 4.7
    Lexile Level: 910L

    最初は、知らない子どもからこんな上から目線で手紙来たらイラっとするだろうな〜、などと思いながら読んでいたが、親の離婚、転校という境遇に置かれた子の心情が丁寧に描かれていて、すらすらと読み進められた。

    最初と比べて随分成長したなぁと思ったが、2年生から6年生になってるのか。気づかなかった。

    It seems I wasn't the only one who had things stolen from my lunch, and all the kids said they wanted lunchboxes with alarms, too, even those whose lunches were never good enough to have anything stolen.

    those whoseという言い方。


    "A Day on Dad's Rig" was splendid for boy your age. You wrote like you and you did not try to imitate someone else. This is one mark of a good writer. Keep it up."

  • 物書きの誇りが伝わってくる。私自身は、中学生まではよく本を読んでいたのに、その後本を読む習慣がなくなり、恥ずかしながら数年前に読み出すまですっかりご無沙汰だった。本を読み始めて感じるのは、本の世界を経験できることが持つ魔力の大きさ、自分を補強し豊かにしうる扉や言葉の数々の重み、そして自分の周りの世界に不思議と彩りが加わることへの驚きだ。そしてそれを書いてる作家への敬意は増すばかり。
    この本は、ひたすら一人の少年が作家ヘンショーさんにあてた手紙と日記の形式で語られていく。こうやって作家さんは、直接的であれ間接的であれ、一人ひとりの人生に大きな力を持ってるのだろう。実際にいるだろうな、こんな子。途中で胸が熱くなって涙がこぼれた。

全5件中 1 - 5件を表示

Dear Mr. Henshawのその他の作品

Dear Mr. Henshaw ペーパーバック Dear Mr. Henshaw Beverly Cleary
Dear Mr. Henshaw (Leigh Botts) Kindle版 Dear Mr. Henshaw (Leigh Botts) Beverly Cleary
DEAR MR. HENSHAW マスマーケット DEAR MR. HENSHAW Beverly Cleary

Beverly Clearyの作品

Dear Mr. Henshawはこんな洋書です

ツイートする