Outlander: A Novel

  • 12人登録
  • 4.00評価
    • (2)
    • (3)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : Diana Gabaldon
  • Delta (1998年8月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・洋書 (672ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780385319959

Outlander: A Novelの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • スコットランドからの刺客。『時の旅人クレア』。意図せず200年前にタイムスリップした新婚さんクレアは、過去でやむをえず別の男と結婚することになるのだが・・・。

    設定や世界感はかなり好み。引き込まれる展開も多々なんですが、女性向け(?)の要素が強いよ!性的に。

    歴女さんか腐ってる人にお勧め。今のところ、ドラマの方が好きだなー。

  • あらゆる意味でとにかく濃い一冊。ものすごく長いけれども、先が気になって、ついつい読み続けてしまう。奇想天外な話ですが、細部の描写がとにかくリアルなので、絵空事には感じられない。17世紀スコットランドの「ジャコバイトの反乱」がとても重要な出来事になるが、日本人には馴染みがない事件なので、百科事典やウィキペディアなどで事実をざっくり確認しておくと楽に読みすすめられる。

  • 前から読みたいと思っていたタイムとラベル歴史ロマンスもの。舞台は18世紀スコットランド。ものすごい長編なので、なかなか読み出せなかったが、Audibleと併用で何とか読了。結構生々しいシーンも多いけれど(性的にも暴力的にも)、次から次へと事件が起こりドキドキハラハラさせる展開なので、話にのってくると止められない。ロマンスだけではない面白さが満載。もちろん、主人公ClaireとJamieの関係も素敵。
    次の本はすぐ読もうか迷ったが、あらすじを見たら読みたくなってしまい、着手。
    (今回のAudibleの読み手さんは本当に良かった!Scottish accentが生で聞けたのも◎)

  • Kindleで読んだので実物は見ていませんが、850ページの超長編。
    集中して読む時間が取れなかったせいもありますが、1ヶ月以上かかりました。
    しかもこの後まだ5巻続きがあるらしいです。物語は1744年のスコットランドです。
    おそるべし…。

    現代(と言っても第2次世界大戦直後)からタイムスリップ18世紀にタイムスリップしてしまった女性とスコットランドの戦士のラブロマンスと言えば、けっこう生ぬるい感じなのですが、実際は拷問やら魔女狩りやら壮絶な状況で、それを二人は乗り越えていきます。
    タイムスリップというSF的な設定に関しても、最初は無視して進めていくのかと思っていたのですが、クレアがタイムスリップしたことで歴史を変えてしまったかもしれないという記述があり、これも気になります。
    続きが気になりますが、なにぶん読むのに体力と時間を要します。
    次作を読むのはいつになることやら・・・。

  • やっぱり原書が手に入ったら買って読むべきでしょう。

全5件中 1 - 5件を表示

Outlander: A Novelのその他の作品

Cross Stitch ペーパーバック Cross Stitch Diana Gabaldon
Outlander マスマーケット Outlander Diana Gabaldon
Outlander: (Outlander 1) ペーパーバック Outlander: (Outlander 1) Diana Gabaldon

Diana Gabaldonの作品

Outlander: A Novelはこんな洋書です

Outlander: A Novelを本棚に登録しているひと

ツイートする