The Da Vinci Code: A Novel (Robert Langdon)

著者 :
  • Doubleday
3.60
  • (27)
  • (20)
  • (72)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 144
レビュー : 34
  • Amazon.co.jp ・本 (464ページ)
  • / ISBN・EAN: 0000385504209

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • おもしろかった!
    映画の前宣伝がすごかったし、話題作だったのもあるけど、たまたま友だちの本棚に見つけたから、英語だけど読めるかなって心配しながら読み始めた。

    テンプル騎士団とかの歴史描写部分ははしゃリ読みしたほど、話の続きが読みたくて、徹夜までした。
    正確な読了日はわからないけど、北米でのDVDリリース(2006年11月)に合わせて読んでいたように思う。読了後にレンタルで映像作品を観た。

    英語アレルギーの私でも、一気に読めた本。

  • 読めん

  • キリスト教の神学知識があったなら、数倍は面白いだろう。表紙にモナ・リサの目だけが載っているのだけれど、彼女、目だけだと本当に気持ち悪いぞ。
    実際ダ・ヴィンチの絵を見る機会に恵まれたこともあるけれど、こんな発想は爪の先ほども浮かばなかった。そしてラストはそうか、そうくるか。ラストに指摘されるものもこの目で見て触わってきたけれど、うーん。
    変に恋愛的要素が絡まっていないのも読んでいて心地よかった。榎木津を彷彿させる人物が出てきたと思ったらそうそう京極流にはいかず、メリケンサスペンスに主役を食う脇役ヒーローはいらないようだ。この前作に当たるAngels & Demonsも面白そうだが、とにかくキリスト教の基礎知識や教養がないと面白味は標準値になりそうである。

  • 面白かった。
    映画も展開が速すぎたけどまあまあ面白いと思う。
    映画見た後で原作読んでも無駄じゃない。


    【自主的に購入】

  • Fast paced mystery. Intregueing story and once open the book, it hard to put down.
    Not a masterpiece but one of the best entertainment mystery book.
    やさしい英語なので、原語で読んで英語の勉強をしましょう。一部宗教的な言語もありますが、総じて難しくはありません。
    内容に理解には、美術史や宗教の知識があると更に楽しめます。

  • 普通に面白かったです。

  • 読んだのはもちろん日本語ですが。モナリザの顔が何故か浮かんで怖くなります。

  • 40ページくらいまでは話に乗れずに、あまり読み進めていなかったけど、途中から熱中しすぎて電車を乗り過ごすほどに

  • 日本にいたときに図書館で、日本語訳は予約が3ヶ月とかあったのに、英語のものをふと返却の棚にあったのを見つけました。ラッキーでした。
    とても読みやすくて面白かったです。
    映画を見るまえに本を読まないと、映画は話が凝縮されすぎて何がなんだかわからないでしょう。
    図書館のお姉さんは映画ではどんな風になってるんだろう、と期待していたら映画では出てこなかったです・・・

  • あんまりにも面白かったので、オリジナルも読んでみたくなりました。最初に日本語で読んでおけば、結構イケるもんです。

全34件中 1 - 10件を表示

DanBrownの作品

ツイートする
×