Nothing to Envy: Ordinary Lives in North Korea

著者 :
  • Random House
4.20
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 10
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・洋書 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780385523912

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 北朝鮮の日々の暮らしが書かれている。
    脱北後の生活が興味深い。新しい生活を楽しむ人もいれば、馴染めない人もいる。約束された将来や平壌で生活できる権利を全て擲って、ただの人として新たに人生を始めるのはどんな気持ちがするのだろうか。

  • ロサンジェルス・タイムズの特派員が脱北者に行ったインタビューの中から、6人に焦点を当て、つづったドキュメンタリー。それぞれの人生の中から北朝鮮の市民の実態が浮かび上がる。

    最初のつかみから、驚かされた。電気のほとんど付いていない北朝鮮の衛星写真。そして、その暗闇の中でゆっくりと愛をはぐくんだ青年と少女。国家を信じて疑わなかった主婦。そして反抗的な長女。医療現場で働く女性。裕福な家庭に生まれながら、盗みを働くことになる少年。

    何がいけないのか。私たちがニュースで見る北朝鮮は、拉致を行った「敵国」といってもいいほど。しかし、そこで生きている人はそれぞれ必死で生きているのだ。バックグラウンドが大きくものをいう社会。信じられないがそれが現実に存在し、人一人のちからではどうしようもないことがある。逃げるしかないのか。

    考えは人それぞれだし、国それぞれ。ただ、純粋な人が餓死していく国家はおかしい。せめて北朝鮮の人が人間的な暮らしができる世の中になることを望む。

全3件中 1 - 3件を表示

BarbaraDemickの作品

Nothing to Envy: Ordinary Lives in North Koreaを本棚に登録しているひと

ツイートする
×