Making Globalization Work

  • W W Norton & Co Inc
3.60
  • (0)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (374ページ)
  • / ISBN・EAN: 2015393330281

作品紹介・あらすじ

Four years after he outlined the challenges our increasingly interdependent world was facing in Globalization and Its Discontents, Joseph E. Stiglitz offered his agenda for reform. Now in paperback, Making Globalization Work offers inventive solutions to a host of problems, including the indebtedness of developing countries, international fiscal instability, and worldwide pollution. Stiglitz also argues for the reform of global financial institutions, trade agreements, and intellectual property laws, to make them better able to respond to the growing disparity between the richest and poorest countries. Now more than ever before, globalization has gathered the peoples of the world into one community, bringing with it a need to think and act globally. This trenchant, intellectually powerful book is an invaluable step in that process. This paperback edition contains a brand-new preface.

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • やっと読んだー。
    昔、半分くらい読んでて、忙しくなっていつの間にか放置。
    今回、また4~5月ごろに残り30ページまで読んで、また忙しくなっていつの間にか放置(汗)。
    8月の今、やっと最後の30ページを読みました。

    ということで大分忘れかけていますが、

    グローバリゼーションは避けることはできないし、基本的には良い枠組みだ。だが、そのやり方に問題があるのでは?ということを問いかけている本。

    特に、WTO等の、自由貿易に見せかけた非対称的な貿易の在り方、generic薬品の在り方など知的財産権の在り方、good governanceを推進しておきながら自分たちがそれを実現できていないWB,IMFのあり方への疑問などを呈しており、それぞれの論点は、なかなか興味深いです。

    開発系分野の必読品の一つに入れられている本ですが、まぁ、確かに読んで損はないかな。開発specificと言うよりは、世界の在り方、というような感じの本ですが。

  • 留学中

全2件中 1 - 2件を表示

Joseph E.Stiglitzの作品

ツイートする
×