The Very Hungry Caterpillar board book

著者 :
  • Philomel Books
4.19
  • (92)
  • (31)
  • (58)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 354
レビュー : 74
  • Amazon.co.jp ・洋書 (16ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780399226908

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 先生が読んでくださいました。1時間目の英語の授業も兼ねて英語で!

    • ptaaoさん
      子どもが自分でも英語の絵本が読めるかもっ?と図書館で探し始めました。お陰様で勇気と興味を持ちました。ありがとうございます。
      子どもが自分でも英語の絵本が読めるかもっ?と図書館で探し始めました。お陰様で勇気と興味を持ちました。ありがとうございます。
      2013/01/31
  • 中古購入

  • ・中古購入
    ・1歳6ヶ月時

  • *1歳の誕生日

    ◎1歳の誕生日にもらった本に、英語で書き足し読んでますw
    2才過ぎてからのほうが 読むようになったかな

  • はらぺこあおむし

    名作と言われるだけのことはあるわ。

  • Eric Carleのシリーズは捨て本がないと思いますが、有名どころは、やはり有名なだけあるというか。
    アオムシがサナギになって蝶になる、たったそれだけのストーリーラインの中に、曜日と数字を覚え、食べ物の名前を覚え、英語でいうところの不可算名詞の数え方を覚えられる、しかも面白くてイラストが美しい。
    児童書を作るのが世界で一番難しいはずなのに、この完璧さ!

  • おなじみの「はらぺこあおむし」の英語版。

  • 私が幼いころ、大好きだった本です。
    原作の英語で読んでみたくて買いました。
    絵が可愛い仕掛け絵本ですし、とても簡単な英語で書かれているので、幼児教育にも役に立つのではないでしょうか。

  • めっちゃとばしていくけど、見はする。

  • [ 内容 ]
    「In the light of the moon a little egg lay on a leaf.(月明かりの中、葉っぱの上に、ひとつの小さな卵がのっています)」という出だしで始まる、エリック・カールの現代の名作、『The Very Hungry Caterpillar(はらぺこあおむし)』。
    この科学と大食いのお話は、初版から変わらない大きなサイズで1200万部を売り、20言語に翻訳されている。
    この5×4インチのミニチュア版は、小さな活字を使った小さな小さな本だが、小さな手には持ちやすくめくりやすい。
    しかし縮小版とはいえ、ディテールはひとつももらさずに、腹ペコの青虫がどんどん食べる様子を追っていく。
    月曜日はリンゴ1個(それに本のページも)、火曜日はナシ2個、水曜日はプラム3個、などなど食べまくり、チェリーパイとソーセージを食べてまるまる太り、しまいにはおなかが痛くなってくる。
    次に何が起きるかは、知ってのとおりだ!
    この名作は、子どもたちが大好きな虫が蝶にかえる話を通して、数字の数え方や曜日を教える。
    青虫ファンのための、楽しいギフトパッケージだ。

    [ 目次 ]


    [ 問題提起 ]


    [ 結論 ]


    [ コメント ]


    [ 読了した日 ]

全74件中 1 - 10件を表示

The Very Hungry Caterpillar board bookのその他の作品

Very Hungry Caterpillar ペーパーバック Very Hungry Caterpillar Eric Carle
The Very Hungry Caterpillar: Book and CD ハードカバー The Very Hungry Caterpillar: Book and CD Eric Carle
The Very Hungry Caterpillar Kindle版 The Very Hungry Caterpillar Eric Carle

Eric Carleの作品

The Very Hungry Caterpillar board bookに関連するまとめ

ツイートする