Thin Air (Spenser)

著者 :
  • G.P. Putnam's Sons
3.67
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 10
感想 : 1
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・洋書 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780425152904

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • スペンサーシリーズ22作目。ボストン警察殺人課のベルソンの新妻リンダが失踪した。そしてベルソンも誰かに撃たれて重傷を負う。スペンサーは友人ベルソンのためにリンダを捜し始める。そしてリンダの名前は偽名であり、彼女にはベルソンの知らない過去があることを知る。リンダはどうやら過去の恋人で、近郊のヒスパニック系ギャングの若者、ルイス・デレオンに誘拐されたのではないかと考えるスペンサー。しかしデレオンは、ヒスパニックが多く住むProctorの町の廃墟アパートを要塞のようにしている。スペンサーは対立する勢力と手を組み、リンダの救出を試みる。

    Proctorはボストンの北にあるLawrenceをモデルとしているようだ。この町はヒスパニックが多く住み、治安もあまりよくないことで有名だ。途中で実在するHaverhillが「隣の町」として登場するのでほぼ間違いない。

    今回はリンダの視点から描いた章がまじるので、読者はリンダがどうなっているか把握しながらスペンサーがそこにたどりつくのを見守る形になっている。Crimson Joyと似た手法だ。

    残念なのは、ホークはなんと、ビルマに海外出張中(笑)で今回は参加していないこと。その代わり、Star Dust(スターダスト)に登場し、LAでスペンサーとかかわったヒスパニック系ギャングの大物、デル・リオの部下のヒットマン、チョリョが通訳として、スペンサーの相棒となり、大活躍する。こいつがまたかっこいいんである(笑)。

    なかなか緊迫感のあるストーリーだった。このまま23作目に進む。

全1件中 1 - 1件を表示

Robert B.Parkerの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×