Perish Twice (Sunny Randall)

著者 :
  • G.P. Putnam's Sons
3.50
  • (0)
  • (4)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 12
感想 : 7
  • Amazon.co.jp ・洋書 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780425182154

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 女性版ハードボイルドという触れ込みの作品.....だが、どこがハードボイルドなのか全く理解できなかった。結局、主人公の女探偵は、本夫と(確か)ゲイの友人の力を借りて事件を収束させるんだけれど、その仮定におい女々しさを強く感じる。ただ、軽快には読める。
    それから、姉と親友の私生活にまつわるトラブルが挿入されている意味がイマイチ見出せない(特にビッチな姉にまつわる猥褻な話は聞くに堪えないほどお下劣だ)。

  • 印象に残った言葉: Freud said that love and work are what matter most to people.

  • 読みやすさレベルは5.5位でしょうか。ところどころわからない単語が出ますが、ストーリーは追いかけられます。私の読書スピードだと、1頁1分程度で読めました。

    前作も今作もそうですが、主人公のサニーが元夫やその家族に頼る展開を受け入れられるかそうでないかで評価が分かれると思いました。

    私は、まあこういうのもありかなと思って読んだクチです。気楽に読める内容だと思いました。

  • サイドストーリーが面白いが、あり得ない設定では。保守的な姉とプロのカウンセラーの友人がとる行動が突拍子もなく感じるのだが、主人公の生き方に影響を受けてのゆえなのだろうか。

  • YL7.0 52,806語

    サニーは友人スパイクから紹介された女性の護衛を依頼さ
    れる。男性ストーカーに付きまとわれていた彼女だが、社内
    で容姿が良く似ている女性が射殺される。

  • Sunny Randallシリーズ第二弾。事件の展開は私の英語力ではわかりにくかった。感じ悪い姉のエリザベス、親友のジュリー、どうかしたのかと思うほど思慮が足りなくちょっとびっくり。ただひたすら、サニーとリーチーの会話、二人の関係が面白く最後まで読めました。
    2006年10月29日読了 約70000語

全7件中 1 - 7件を表示

Robert B.Parkerの作品

Perish Twice (Sunny Randall)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×