Death on the Nile (Hercule Poirot)

著者 : Agatha Christie
  • Berkley (2004年8月31日発売)
3.50
  • (1)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • 12人登録
  • 1レビュー
  • Amazon.co.jp ・洋書 (432ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780425200469

Death on the Nile (Hercule Poirot)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 【概要・粗筋】
    若さ、美貌、富、そして愛とすべてを手に入れたリネ・ドイルは新婚旅行でエジプトを訪れていた。楽しいはずの新婚旅行のはずが、夫・サイモンの元婚約者で彼女の親友であったジャクリーンが夫婦の後をつけ回していた。不穏な空気が漂う中、ある夜事件が起こった。ジャクリーンとサイモンの間で発砲騒ぎがあった翌日にリネの射殺死体が発見された。「灰色の脳細胞」エルキュール・ポアロのミステリ。邦題は『ナイルに死す』。

    【感想】
    事件が起きる前にポアロがリネ、ジャクリーン、サイモンの順に彼らの間に起こったことを聞かされるところが、前半の見所。ジャクリーンの発砲騒ぎから相次ぐ事件、ポアロの謎解き、そして結末まで中だるみせずに一気に読んで楽しめた。有名な作品だけあって良質なミステリだった。

    ミステリを読むとき犯人が誰か考えて読まないのだけれど、この作品の犯人は私には意外だった。犯人の動機が大した理由ではないだけにやるせない。

    ポアロがフランス語を呟いたりするけれど、英語は平易で読みやすい。繰り返し同じ表現が出るので英語学習向きだと思う。

全1件中 1 - 1件を表示

Death on the Nile (Hercule Poirot)のその他の作品

Death on the Nile カセット Death on the Nile Agatha Christie
Death on the Nile カセット Death on the Nile Agatha Christie

Agatha Christieの作品

Death on the Nile (Hercule Poirot)はこんな洋書です

ツイートする