The Case of the Mummy Mystery (Jigsaw Jones Mystery)

著者 : James Preller
制作 : John Speirs  R. W. Alley 
  • Scholastic Paperbacks (1999年9月発売)
3.29
  • (1)
  • (3)
  • (9)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :25
  • レビュー :12
  • Amazon.co.jp ・洋書 (74ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780439080941

The Case of the Mummy Mystery (Jigsaw Jones Mystery)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2196

  • Jigsaw Jonesシリーズ6作目。今回はハロウィンの季節の話。タイトルになってるmummyはストーリーにほとんど関係なく、話にいまいちまとまりがない印象。それにクラスメート同士が、毛虫を食べられるかどうかでお金を賭けてるってのもあまり気持ちのいい展開じゃないかなと。ラストも教育的配慮を考えたら逆の結末のほうがよいかもと思った。終盤で、中身の異なる2つの同じ箱が入れ替わるところはベタなコントっぽくて楽しい。5779語。

  • 2010/3/10読了。
    借り物。

    話自体は面白いが、ちょっと気持ち悪かったので評価低め。

  • 1年前に読み聞かせたときには、全くうけませんでした。何言ってるかわからない、と言われてしまいましたが、少し前にまずCDを聞かせることから開始。すると夢中になって聞いてゲラゲラ笑っていました。その後自読しました。

  • Jigsaw Jones #6

  • 220冊目 YL;2.0-3.0 語数;5779

  • YL2.0-3.0 5779語
    CD有り

  • #6

  • 5700語

  • Jigsaw Jones Mystery6作目。ハロウィーンのお話し。冒頭でJigsawのお兄さん達がハロウィーンのミイラの話しをするので、てっきりそちらが事件なのかと思ったら関係ないし。Mummy Mysteryってほどミステリーじゃない。Joeyがミミズを食べて、そこがただグロイだけ。以上。

全12件中 1 - 10件を表示

The Case of the Mummy Mystery (Jigsaw Jones Mystery)のその他の作品

James Prellerの作品

The Case of the Mummy Mystery (Jigsaw Jones Mystery)はこんな洋書です

ツイートする