Yo! Yes? (Scholastic Bookshelf)

  • 37人登録
  • 4.05評価
    • (7)
    • (8)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 10レビュー
  • Scholastic (2007年1月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・洋書 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780439921855

Yo! Yes? (Scholastic Bookshelf)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 娘はこの絵がイマイチなのか?どうもそんなに喜んでくれない。かと思いきや一人でめくっている日があったりで、もう少し様子を見ながら読み聞かせを進めてみよう。

  • このお2人、
    一言で友達になります。
    息子もぱっぱとめくって、絵を眺めています( ‾ʖ̫‾)

  • 大事なのは、単語でも文法でも発音でもYLでもない。

    Heart & Soul

    そんなことを思った本。

    高校生でも大人でも感動します。

  • S太朗5歳4カ月で出会った本。人間って、ジェスチャーだけでなんとかなる…そんなコミュニケーションの醍醐味みたいなもの。実際には単語で会話をしていますが…笑

  • 32 words

    英語で話すのって難しいって思ってます?
    と~~~~んでもない!
    こんなに簡単な1語か2語の英語だけで
    こんなに素敵な会話ができちゃうんです。

    A: Yo!
    B: Yes?
    A: Hey!
    B: Who?
    A: You!
    B: Me?
    A: Yes, you.
    B: Oh.
    A: What's up?
    B: Not much.
    A: Why?
    B: No fun.
    A: Oh?
    B: No friends.
    A: Oh!
    B: Yes.
    A: Look!
    B: Hmmm?
    A: Me!
    B: You?
    A: Yes, me!
    B: You!
    A: Well?
    A: Well.
    A: ?
    B: Yes!
    A: Yo!
    B: Yes!
    AB: Yow!

  • 知らない子同士が出会い、声をかけ、会話が始まって友達になる・・「これで会話になっちゃうの?」っていうくらい短いフレーズのみで完成する会話で、見事に心の交流が描かれています。場面すら変わらない、短い言葉と表情のみで展開するストーリー。生活の中のほんの一瞬、でもこころが動くまでの大事な一瞬を切り取った傑作です。
    1994年コルデコット銀賞受賞作品。

  • 友達になるのって簡単かも!?
    二人で 真似っこパフォーマンスをしたくなります

    -----------
    絵本クラブに参加したとき、この本を紹介しました

    Yo! Yes?
    Chris Raschka

    1993年初版
    1994年のコルデコット賞を受賞作です
    日本語訳もあります(Homodelphinusは知りませんでした)

    書店で、まず明るい色鮮やかな表紙に目が留まりました。
    簡単ないくつかの単語と絵で、物語がすすんでいきます。
    子供達に(大人も)好きな日本語をつけて、朗読劇をさせたら楽しそうです
    Homodelphinusも、この本を読むときは、オーバーリアクションで感情がたっぷりこもった朗読をしています。

    こんな風に友達ができたらいいな
    こんな友達が欲しいな。と思います


    Chris Raschka作の本
    国際子供図書館蔵書に下記のものがありました
    Home lovely
    Georgie Lee
    The broken cat
    Snow music

  • 一緒に読んだ本『ぜつぼうの濁点』
    11月使用。

全10件中 1 - 10件を表示

Yo! Yes? (Scholastic Bookshelf)のその他の作品

Yo! Yes? (Caldecott Honor Book) ハードカバー Yo! Yes? (Caldecott Honor Book) Christopher Raschka
Yo! Yes? 学校 Yo! Yes? Christopher Raschka
Yo! Yes? (Scholastic Bookshelf) 図書館 Yo! Yes? (Scholastic Bookshelf) Christopher Raschka

Christopher Raschkaの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする