Promised Land (Spenser)

著者 :
  • Dell
2.88
  • (0)
  • (0)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 22
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・洋書 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780440171973

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • もう一つ盛り上がらない。

  • この巻ではスペンサーとスーザンの仲も一歩進展している。まだ結婚という常識に縛られて苦しむスーザンと、マイペースながらスーザンの気持ちを思いやる余裕もあるスペンサー。こういうところがかっこいいんである・・・(笑)。どうやらこの巻で、2人はそれなりの関係を確立し、位置関係をしっかりと定めたようである。前巻では、まだスペンサー、二股かけてたし(笑)。

    ベトナム戦争が吹き荒れた60年代から70年代初期にかけては、アメリカでもずいぶんと過激にブラックパンサーや大学での「革命」をうたう若者達などがおり、今のアメリカならテロリストとして処刑されかねないようなこともけっこう起きていたようだ。この中でも、男性の抑圧から解放されるためには目には目を!と反体制なんだか反男性なんだかよくわからないフェミニストたちが登場する。

    スペンサーは女性を尊重するけれど、こういうラジカルな人々には同情はほとんどしない。その辺が面白くもあるし、興味深くもある。また、今回も美味しそうなゴハンがたくさん出てくる。料理シーンもレストランシーンも両方あり、ニューイングランドのシーフードなども、なじみがあるだけに面白い。

    スペンサーは今回智謀をめぐらして、夫と妻両方の問題を一石二鳥の知恵で解決する。そしてスペンサーのアドバイスで、この夫婦も少し希望が仄見えるようだった。ホークとの数回の対決でも、2人の微妙な友情が感じられ、敵味方の立場であったにも関わらず、お互いに見せる尊敬と仲間意識に思わずニヤリとする。

  • 理解度60%くらい。
    主人公SpenserとHawkとの関係が微妙にわからない。
    なのでラストの展開がいまいちわからない。

全3件中 1 - 3件を表示

Robert B.Parkerの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする
×