Nate the Great and the Pillowcase

制作 : Marc Simont 
  • Yearling (1995年11月1日発売)
3.42
  • (1)
  • (9)
  • (16)
  • (0)
  • (0)
  • 42人登録
  • 12レビュー
  • Amazon.co.jp ・洋書 (80ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780440410157

Nate the Great and the Pillowcaseの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • この巻でようやくTは必ず大文字になっているのに気づいた。NaTeの書くメモと、著者の名前はみんなそう。

    真夜中のケースは私が知っているだけで二回目。NaTeくんは、振り回されるのが似合ってるかも?

  • ロズマンドの猫の枕カバーが、なくなったとの深夜の以来が舞いこむ、ネイトはスラッジとともに調査に乗り出すが・・・ 真夜中に子供が町を歩いても危険はないのか、そこはアメリカだぞと突っ込みたくもなりますが、なかなか面白かったです。

  • 名探偵Nateシリーズ。

  • 名探偵ネイトくんが眠っていると電話がかかります。
    ロザモンドが「ネコの枕カバーがなくなった!探して!」と言うのです。
    ロザモンドが言うには、ペットのお洗濯の日だったのだと。
    眠い目をこすりながら捜査にあたるネイト君です。

    かわった子キャラのロザモンド。おもしろい存在です~。大好きなの。


    後ろにはアクティビティーがついていたり、オートミールクッキーの作り方があったり。
    なんだかオートミールクッキーが作りたくなってしまいます。

  • ○あらすじ
    今回の依頼は、真夜中に入った一本の電話から始まります。
    電話の主はRosamond。
    「枕カバーがなくなったから探して!」という彼女の頼みを
    一度は断ったNate君でしたが、そのせいで彼女の猫Big Hexが寝られないと聞き、
    仕方なく、バスローブを羽織って、Rosamondの家に向かうことにします。
    (あらすじは参考程度でお願いします。)

    ☆感想☆
    最近、Nate君の頭を抱えた姿をよく目にするんですが…;;
    今回は真夜中に叩き起こされたNate君です(苦笑

    Big Hexの枕カバーが洗濯後に行方不明になり、
    そのせいで、Big Hexが寝られずに困っていると電話してきたRosamond。
    「他の枕カバーを使いなよ」と、さっさとベッドに戻りたいNate君でしたが、
    今回も仕方なくRosamondの紛失物探しに付き合ってあげるのでした(苦笑

    夜中の2時に起こされて、バスローブとスリッパで町中を駆け回るNate君…。
    可哀想すぎるし、危ないよ!
    ダイナーのおじさん、なんで夜中に外出してるのか理由ぐらい聞きなよ!
    と突っ込みどころ満載です(爆

  • シリーズ第15巻

  • 真夜中にロザモンドからの電話で起こされたネイト。
    ネコのビッグ・ヘックスの枕カバーを探し出して欲しいという。
    眠たさから、しぶしぶ枕を探し始めたネイトだが・・・

  • YL2.0-2.5 2258w Nate少年は深夜2時に電話で起こされます。事件を一つ解決して眠り込んでいたNateは眠い。犬のSludgeも眠い。電話の主はいつものRosamond。枕カバーを探してという依頼。飼い猫はそれがないと眠れないらしい。

    飛ばし読みをするせいか今回の謎解きはよくわからなくて、戻って該当する箇所を探してしまいました。あぁそういうことかと思いましたが、謎解きものはポイントを外してうっかり読み飛ばすと推測が難しく、子供向けでも意外とあなどれないです。再読したい。

  • 2010/1/13読了。
    借り物。

  • 176冊目 YL;1.5-2.5 語数;2258

全12件中 1 - 10件を表示

Nate the Great and the Pillowcaseのその他の作品

NATE THE GREAT AND THE PILLOWCASE ハードカバー NATE THE GREAT AND THE PILLOWCASE Marjorie Weinman Sharmat
Nate the Great and the Pillowcase 図書館 Nate the Great and the Pillowcase Marjorie Weinman Sharmat

Marjorie Weinman Sharmatの作品

Nate the Great and the Pillowcaseはこんな洋書です

ツイートする