Nate the Great Saves the King of Sweden

  • 45人登録
  • 3.52評価
    • (5)
    • (6)
    • (17)
    • (1)
    • (0)
  • 11レビュー
制作 : Marc Simont 
  • Yearling (1999年4月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・洋書 (80ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780440413028

Nate the Great Saves the King of Swedenの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2234

    ロザモンドの北欧旅行とおみやげのお話。

  • 名探偵Nateシリーズ。

  • ○あらすじ
    北欧に旅行中のRosamondから、失くした物を探してほしいという
    絵葉書を受け取った少年探偵のNate the Great。
    そんな奇妙な依頼は受けたくないし、
    第一、外国にいるのにどうやって探せば良いのか…と、
    彼女からの葉書を捨ててしまったNate君でしたが、
    次の日、Rosamondから届いた二枚目の絵葉書に、
    「あなたが受けてくれないなら、スウェーデンの王様に頼むから!」
    と書かれたメッセージを読み、切手に描かれたスウェーデン王らしき人物を眺め、
    悩みます…。
    あんなRosamondにつきまとわれたら王様も大変だろうと、
    仕方なく、この依頼を受けることにするのですが…。
    (あらすじは参考程度でお願いします。)

    ☆感想☆
    Nate the Greatシリーズ、第19巻…かな?

    今回は、Nate君初の国際的な依頼!?
    まぁ、依頼主はRosamondなんですけど(苦笑

    遠く離れたところにいるRosamondが失くしたもの…
    それも彼女ははっきり“何を”失くしたか教えてくれないし、
    どこで失くしたかも分からない;
    Rosamondとは連絡も取れないし、今までで一番手掛かりの少ない状況で、
    Nate君は、Rosamondの旅行について知っている友達たちから
    話を聞いて、この依頼を解決しようと頑張ります。

    不可能に近い依頼でしたねぇ…。
    それも、ちょっと物事を断定するのが早すぎた気がします。
    まぁ、仕方がないことなんだろうけど、
    もう少し、他の線もあるのでは?なんて疑う必要もあるんじゃ…?
    …それには、ページ数が足りないか(苦笑

    なんだかんだ言いながら、
    私は最後までこの紛失物がどこにあるのか分かりませんでした(爆

  • シリーズ第19巻

  • 最初の態度ww 冷たいよNate君ww
    2人の掛け合いというか関係は、やっぱりニヤニヤする。

  • 2010/1/15読了。
    借り物。

  • タイトルからして、ネイトがスウェーデンに王様を助けに行ったのかと思いきや、
    スウェーデンに行ったのは、ロザモンド?!
    最後まで読めば、いかにネイトが王様を助けたのか納得します。

  • 186冊目 YL;1.5-2.5 語数;2234

  • 0173/YL:1.9/2,234語/総語数550,229語/

  • YL:1.5〜2.5
    語数:2234

全11件中 1 - 10件を表示

Nate the Great Saves the King of Swedenのその他の作品

Marjorie Weinman Sharmatの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

Nate the Great Saves the King of Swedenはこんな洋書です

ツイートする