The Green Toenails Gang (Olivia Sharp: Agent for Secrets)

制作 : Denise Brunkus 
  • Yearling (2005年7月12日発売)
3.57
  • (1)
  • (6)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
  • 25人登録
  • 7レビュー
  • Amazon.co.jp ・洋書 (80ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780440420637

The Green Toenails Gang (Olivia Sharp: Agent for Secrets)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • Olovia Sharpの最終巻、Nateとの共演を読みたかったです。最後のおちは難しく考えすぎてよくわからなかったの2,3回読み返してしまいました。

  • ○あらすじ
    ある日、引っ越してしまった親友のTaffyから手紙を受け取ったOlivia。
    どうやらTaffyは、秘密クラブの仲間に入れてもらえず悩んでいるよう…。
    親友を助けるためOliviaは、早速Taffyの元へと向かうことにします。
    (あらすじは参考程度でお願いします。)

    ☆感想☆
    Olivia Sharpシリーズ、第四巻です。
    一応、今出ているのがここまでなので、最終巻ということになるんでしょうか?

    それにしても、
    親友から久しぶりに届いた他愛もない手紙の行間を読んで、
    彼女の悩みを探り当てるOliviaに、毎回のことながら関心させられます。

    なぜTaffyは、秘密クラブの仲間に入れてもらえないのか?
    クラブの秘密を見つけたOliviaがとった行動とは?
    最後が一度読んだだけだと、よく分からず、
    頭に「?」が浮かびましたが、考えてみると…あぁそういうこと!って感じです(爆
    今までで一番頼もしいOliviaでしたw

  • ♯4

  • YL:2.4
    語数:2983(出版社提供)

  • YL2.0-2.6 語数2983w Olivia Sharpシリーズ全4巻の最終巻。引っ越していった親友Taffyから手紙が届いた。「遊びに来て」と楽しげに書いてある手紙に添えられた追伸から、Taffyには悩みがあると感じ取ったOliviaはすぐに彼女の住む街へと向かう。Oliviaにとって初めてのout-of-townクライアントだ。

    最終巻のテーマはちょっとした謎解きになっています。似たような話を読んだような気がして、答えは途中で見当がついてしまうかも知れませんが、Nate the Greatに近い感覚で楽しめます。
    同じイラストが何度か使われていた前3巻と違い、今回はストーリーに合ったオリジナル(?)で、より楽しめました。運転手とのやり取りもいい感じで、もう少し味わっていたかった。
    シリーズ4冊の中で一番好きな巻です。
    (Olivia Sharp #4)

  • SU010-096
    YL2.0-2.6*003223語*3訂ガイド
    ☆児童書_英語
    ☆OliviaSharp_#3

  • YL2.4 2600語

全7件中 1 - 7件を表示

The Green Toenails Gang (Olivia Sharp: Agent for Secrets)のその他の作品

The Green Toenail Gang (Olivia Sharp, Agent for Secrets) ハードカバー The Green Toenail Gang (Olivia Sharp, Agent for Secrets) Marjorie Weinman Sharmat
Green Toenails Gang (Olivia Sharp) ペーパーバック Green Toenails Gang (Olivia Sharp) Marjorie Weinman Sharmat

Marjorie Weinman Sharmatの作品

The Green Toenails Gang (Olivia Sharp: Agent for Secrets)はこんな洋書です

ツイートする