Nate the Great and the Snowy Trail

  • Yearling
3.51
  • (8)
  • (13)
  • (30)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 100
レビュー : 23
  • Amazon.co.jp ・洋書 (80ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780440462767

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 1891w 136,029w

    冬のある日のこと、雪遊びをしていたNaTeを訪ねてきたRosamondが言いました。
    「あなたにあげる誕生日プレゼントをなくしちゃったの!探してちょうだい!」
    NaTeは7月12日生まれです。そして、今は冬です。

    But NaTe is great detective.and it is his case.
    He went to looking for Rosamond`s present until didn`t know what it is.

    南半球の子は、7月に雪が降っていることの、何がおかしいのか分からなかったりするのかな。

    Julius Ceasarは、7月12日生まれなんだ。誕生日が分かっているの?紀元前の人なのに。

    Henry David Thoreauもか。あれ、この人って、1817年生まれ?もっと最近の人だと思ってた。

    Kristi Yamaguchiは、日系アメリカ人のプロスケーター。オリンピックで優勝したこともあるんだって。1992年。http://www.alwaysdream.org/

  • 1,891語

  • 2172

  • 意外に知らない単語が・・・
    猫をあげるのはおかしい
    このシリーズは読破する予定
    1800文字

  • 名探偵Nateシリーズ。

  • 一応探偵が出てきますが、事件は起こらずいつも探し物をしています。
    多読には、探偵ものが向いていると感じています。

    何を探しているか、誰と会話しているか、なにかヒントになることはないか
    考えながら読むのでより理解できます。

    GR以外の児童書で一番簡単な探偵ものだと思います。
    ただ、事件は起こりません。

    巻末におまけがついています。
    ストーリーの中に出てくるものの説明やレシピなどが付いています。
    いつもは飛ばしてしまうのですが
    今回は本文で意味が分からず読み飛ばしていた「Icicles」が何かが分かりました。

  • YL 2.5
    1,891語

  • 冬のある日Nateが雪だるまを作っていると、Rosamondがやってきました。Nateへの誕生日プレゼントを無くしてしまったので、探して欲しいというのです。Nateの誕生日は7/12だというのに。しかも、プレゼントだから内容は教えない、というのです。Nateはどうやって探し出すのでしょうか。依頼主がRosamondだけに奇妙な展開、そして思いがけない結末が楽しめます。1891wd

  • シリーズ第7巻

  • 米国公文すいせん図書A2(小1後半レベル)ー2/15

全23件中 1 - 10件を表示

Marjorie WeinmanSharmatの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする
×