The Bridges of Madison County

  • Grand Central Publishing
3.11
  • (0)
  • (2)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 20
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・洋書 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780446364492

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 映画は観たけど本は読んだことなかった。
    それを英語の勉強のため原書で。
    感想は、よかったところはロバートとフランチェスカの
    年齢をとって死ぬまでのスタンスで書かれているところ。
    二人の死を知ることで「愛することが人生を生きること」
    に重ねられた。もっとも、リチャードの死後、なぜフランチェスカ
    はロバートに会おうとしなかったのだろう?ともどかしかったが。
    現実の日常生活を送っていると、自分の望みより義務や任務をこなす
    ことに終始しがちだけど、それでいいのかな?と自問した。
    これはちょっと…と思ったのは二人の描写を美しく書き過ぎている
    ように思えるところ。あと、手紙にあんなに詳細に書くっていうのも
    違和感あるなぁ。アメリカ人って一般にそうなのかな?
    原書で完全に理解できているかも謎なので翻訳も読んでみよう。

  • 高校1年生の時、英語の勉強にと初めて原作にトライした本。
    その時は、ところどころしか分からなかったけど、ドキドキしたのを覚えています。

    3年生になって再読。
    日本語で読むよりも言葉の意味を吟味するし、想像力をふくらませて読むから、原文で読む面白さを覚えたのもこの一冊。

  • 映画みてないんだよね。


    小説がベストセラーになったんだよね。


    田舎のおばちゃんと風来坊の写真家のおっちゃんの甘い4日間の話なんだよね。簡単にいえばね。


    これがおもしろいんだよね。古代の動きをするロバート・キンケイドがかっこいい。純愛が叫ばれてるけど、これもある意味純愛だったよ。ながーく長い間おもい続けるからじーんとくるんだな。

  • 愛の深さが心にしみます。

全4件中 1 - 4件を表示

Robert JamesWallerの作品

ツイートする