Child 44 (The Child 44 Trilogy)

著者 :
  • Grand Central Publishing
3.90
  • (5)
  • (0)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 17
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・洋書 (528ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780446402392

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 当然、3部作を順番に読んだので半年程前に読んでいたものの、レビュー書き忘れている事にAgent 6 のレビューを書いた後気付き。

    何より題材が、本物の事件(しかもものすごく衝撃度の高い)にしている点で面白くて当然、な気もする。でもそれを魅力的な登場人物と意外なストーリー性を持たせて、面白いフィクションにし立てた作家の腕は高く評価できる。

    それにしてもレオが彼だったとは・・・。とびっくりな展開(人によってはすぐに見抜けたというが)には大満足で、小説はこうじゃなきゃ!と思った。レオも素敵。また、スターリン時代の恐怖政治や民衆の生活ぶり、ウクライナの飢餓など、知らなかった事も教えてくれた。

    娯楽本として1級だったので☆5つ。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「小説はこうじゃなきゃ!と思った。」
      うんうん(大いに頷く)
      田口俊樹が訳す話は外れが少ないので、出たら読むようにしている。これは、
      「デン...
      「小説はこうじゃなきゃ!と思った。」
      うんうん(大いに頷く)
      田口俊樹が訳す話は外れが少ないので、出たら読むようにしている。これは、
      「デンジャラス・ラン(SAFE HOUSE)」のダニエル・エスピノーサ(Daniel Espinosa)によって映画化されると言う噂があって愉しみにしている。。。
      2013/01/17
  • 久々の洋書。しかも、過去2回、読むのを途中で断念したシロモノ…
    と言うのも、物語の舞台が50年代のロシア。スターリンの時代とあって、時代背景はもちろん、地名やら人名やらとっつきにくい。
    物語のプロットはそこそこありがちなサイコサスペンス。ただ、あの時代のロシアの冷徹な空気感にゾッとした。本当に50年そこそこしか経ってないのに、こんな日常があったのか…と。今の平和がずっと当たり前のようにあるなんて、本当は幻想に近いのかもしれない、と感じずにはいられない。そんな物語だ。

  • I'm interested in the book but I don't know that I can read it.

全4件中 1 - 4件を表示

Child 44 (The Child 44 Trilogy)のその他の作品

Child 44 CD Child 44 Tom Rob Smith
Child 44 Perfect Child 44 Tom Rob Smith

Tom Rob Smithの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする