The Art of Choosing

著者 : Sheena Iyengar
  • Grand Central Publishing (2011年3月9日発売)
3.50
  • (0)
  • (6)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :74
  • レビュー :8
  • Amazon.co.jp ・洋書 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780446504119

The Art of Choosingの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • thought-provoking、でも自分の人生にどう応用しようかまでは一読で至らず。

  • 様々な実験やアンケートで判明する、「選択」にまつわる意外な事実の数々。これを斜め読みするだけでも十分楽しめる。章立ての順序に特に意味はないようなので、好きな箇所から読み進められる。啓蒙書というよりはエッセイに近く、使われている語彙もさほど難しくはないが、若干文章が堅苦しく感じられた。

    ・恋愛/見合い結婚と自己/集団主義のシンクロシニティ
    ・アップルの戦略と「自分だけがユニーク」という思い込み
    ・サンタクロースとコカ・コーラの意外な関係
    ・生命維持装置解除を医師の判断に任せるべきか?

    などなど、興奮するほどの驚きはなくとも、扱われる話題の幅広さに感心すること請け合い。選択の自由を重んじるアメリカの対極に立てやすいからか、日本の登場する頻度が高いのも面白い。

  • まとめ
    決定権がある方が、人は幸せである。動物園の動物を見てもわかるように、それが生きやすいかどうかに関わらず、自分で選んだ道の方が幸せである。

    と、書いてあるのに…?

    お見合い結婚なんて想像もつかないが、一昔前までは多くがそうで、お見合いだとさぞかしやる気も出ず、不幸で、悲しいかと思いきや、全然。むしろ恋愛結婚よりそういう値が低かった!それは、文化の違いで、はなからそういうもんであると思っている人は、別にその権利が無くても平気なのである。

    そりゃーそうだろう。

    恋愛結婚のほうが初期の愛情は多いが、降下の一途を辿るし、後にお見合い結婚のだんだん育まれる愛情が勝つらしい。

    んで、アメリカで産まれたウエスタンピーポーは、決定権が与えられるとやる気出ると。シリアルからキャリアまで、全部自分中心に、自分がいいと思う物を選ぶのが幸せだから。

    でもアジアや南米の人は、決定権が委ねられると、狼狽し、上司が仕事をしてないと思う、と。それは親や偉い人の決定した物を最上に高める事を最高とし、グループ全体の向上を目指す文化だから。

    で?

    結論に書いてあるのはイマイチ。なんの結論でもないじゃないか!と。色々バイアスとかあるし気をつけてね~みたいな。んなもんわかっとるわ。

    という事でダメ本でした。

  • ・選択の重要性、その影響について
    ・なんだか日本語Ver.と構成が違った印象
    ・関連書籍・関連分野研究者の紹介が書中にある

  • A great book about why we make difference decision. And how do we make it.

    More importantly, base on what principle or reason we make such choice, had been the main learning I had from this book.

    Also the part about the job hunter who spend less time, had earn less, however, with a higher satisfaction.

    Sheena is the one create the famous jam tasting test, that proven Less is more.

  • 「コロンビア白熱教室(選択の科学)」の原書。NHKの番組(コロンビア大学MBAのクラスを紹介したもの)がとても良い内容だったので、原書にチャレンジしてみたいと思った。

  • 2011Dec,Etel 白熱教室@コロンビア大学院  いずれの原著
    ---
    Every day we make choices. Coke or Pepsi? Save or spend? Stay or go?

    Whether mundane or life-altering, these choices define us and shape our lives. Sheena Iyengar asks the difficult questions about how and why we choose: Is the desire for choice innate or bound by culture? Why do we sometimes choose against our best interests? How much control do we really have over what we choose? Sheena Iyengar's award-winning research reveals that the answers are surprising and profound. In our world of shifting political and cultural forces, technological revolution, and interconnected commerce, our decisions have far-reaching consequences. Use THE ART OF CHOOSING as your companion and guide for the many challenges ahead.

    Author
    Sheena Iyengar's groundbreaking research on choice has been funded by the National Science Foundation, the National Institute of Mental Health, and the National Security Education Program. She holds degrees from UPenn, The Wharton School of Business, and Stanford University. She is a professor at Columbia University, and a recipient of the Presidential Early Career Award. Her work is regularly cited in periodicals as diverse as Fortune and Time magazines, the NYT and the WSJ, and in books such as Blink and The Paradox of Choice.

全8件中 1 - 8件を表示

The Art of Choosingのその他の作品

The Art of Choosing ハードカバー The Art of Choosing Sheena Iyengar
The Art of Choosing ペーパーバック The Art of Choosing Sheena Iyengar

Sheena Iyengarの作品

The Art of Choosingはこんな洋書です

The Art of Choosingを本棚に登録しているひと

ツイートする