Who Was Sacagawea? (Who Was?)

  • Penguin Workshop
4.00
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
感想 : 5
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・洋書 (112ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780448424859

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 総語数:6043

  • 赤ちゃんを背負って、アメリカ1800年代の開拓時代に未踏の地調査の同行者として参加。

  • [図書館]
    読了:2012/7/7

    6108
    40

    「いいインディアン」として都合よく書かれている気がしないでもない。

    p. 33 Lewis and Clark sent some men and a barge back to president Jefferson .

  • 4,998語

  • 今のアイダホに住んでいたショーショニー族に生まれたサカガウィア。(生まれた年は1789年とも1790年とも)
    サカガウィアが10歳の頃、ショーショニー族が他の部族から襲われ、逃げたサカガウィアもさらわれます。
    その後、カナダ人のトゥーシャン・シャボノーに売り渡され、トゥーシャンの妻になります。

    一方、領土を広げたかったアメリカは当時未開の地、未知の地であった北アメリカ大陸の西側に遠征隊を送る。
    遠征を率いるウィリアム・クラークとメリウェザー・ルイスはその任務のためには馬が必要だと考えていた。
    馬のブリーダーとして名の通っていたショーショニー族の通訳が必要だった。
    それを知ったシャボノーは妻サカガウェアと生まれたばかりの子供とともに遠征隊に加わる。

    過酷な旅にサカガウェアが病気になったり、子供が病気になったりしながらも、サカガウィアは遠征隊を野山に自生する食べられるもので助け、通訳としてだけでなく力となった。

    さらわれた10歳の少女だったサカガウィアは旅に出たときは15歳で子供を生んだばかり。
    運命に翻弄されたともいえますが、自分の意思も働いていたようです。
    懐かしい自分の種族ショーショニー族に出会った後にも遠征隊について旅に出ることを選んだことにもその意思が感じられます。

全5件中 1 - 5件を表示

JudithBloom Fradinの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×