Who Were the Beatles? (Who Was?)

著者 :
制作 : Jeremy Tugeau 
  • Penguin Workshop
3.92
  • (4)
  • (3)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 30
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・洋書 (112ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780448439068

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • Steve Jobs was a big fan of the Beatles.

    I want to listen to George Harrison`s solo album.

    Little Richard
    Elvis Presley

  • 4人の生い立ち、バンド結成からGeorgeの死までが述べられています。

  • ビートルズのメンバーについて簡単な英語で書かれている。セール中で安かったので購入。こういう興味のあることからでも洋書に触れていければいいな。

  • [図書館]
    読了:2012/6/5

    8573
    51.5

    レノンの死を悼んで、10万人がセントラルパークに集まったってすごい。

  • YL:3.5
    語数:8573

  • ビートルズの曲と言われて思い出すのは…Yesterday, Hey Jude, Let it be, Get back... 色々あろうがこのあたりか。実はどれもポール・マッカートニーの作品だ。最近 iTunes でビートルズ全曲を購入してちょくちょく聴いているが、今にして思うのはやっぱりビートルズは最初から最後までジョン・レノンのバンドだったということ。
    (続きはブログで)http://syousanokioku.at.webry.info/201109/article_3.html

  • Of course,you know "the beatles", don't you?
    They are one of the most famous band in the world!I like their song,too.
    Incidentally,I'm lisning to "Yellow Submarine".

    先日のTOEIC対策の一つとして、読んでみました。中々面白かったですー。

    そういえば、漫画『ドラゴン桜』で言ってました。
    「ビートルズは、ほとんどが中学英語で理解できる。また歌詞が抽象的じゃなくストーリー仕立てになってるからわかりやすい。これらを分解すると結構よく使われて試験にも出る基礎的な熟語も多い。だから、代表的な何曲かを丸覚えしてしまうだけで相当な英語力が自然につくことになるんだ。初めは、覚えようとせず、まず耳で聞いて口真似をする。この時必ず声をだすこと。何度もくり返し聞いて歌った後、歌詞を和訳してみる。わからない時は前後から想像してみる。それでもダメなら歌詞カードを見る。内容を把握してまた聞いて歌う。」

    ふーん。。やってみようかなー。

    http://sorareadbooks.at.webry.info/201107/article_4.html

  • ビートルズのことは大体知っているつもりでしたが、初めて知る内容も多かったです。"Fab Four" と呼ばれていたとは知りませんでした。

    29ページ7行目 "They starting meeting at George's house to practice music together." は "They started meeting ..." の間違いではないでしょうか?

    同ページ下から3行目に "interested in playing guitar" とあります。こういう場合、楽器の前に the をつけなきゃいけないと英語の先生に教えられたものですが、the をつけないこともよくあるみたいです。英語の先生が間違っているのでしょうか?

全10件中 1 - 10件を表示

Who Were the Beatles? (Who Was?)のその他の作品

1-B07FS5CJ8Bの詳細を見る Audible版 1-B07FS5CJ8B Geoff Edgers
ボードブック Geoff Edgers
Who Were the Beatles? (Who Was...?) 図書館 Who Were the Beatles? (Who Was...?) Geoff Edgers

Geoff Edgersの作品

ツイートする