Lover Eternal: A Novel of the Black Dagger Brotherhood

  • 12人登録
  • 4.78評価
    • (7)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : J.R. Ward
  • Berkley (2006年3月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・洋書 (464ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780451218049

Lover Eternal: A Novel of the Black Dagger Brotherhoodの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 前作は日本語で読んだのですが、あまりの面白さに一気読みし、2作目は是非英語で・・・と手に取ったのですが、こちらも面白くてやめられませんでした。
    英語も思ったよりも難しくなく、何より甘くドキドキするストーリーの前ではとにかく先を読みたいという思いがあり、言語云々は気になりませんでした。
    ハッピーエンドなロマンスがお好きな方にはおすすめです。

  • もう3回も読んでしまった。
    すごーくジレッたい関係が続きますが、結局はレイジがメアリーが大好きって感じ。レイジのドラゴンもメアリーが大好き。

    最後の最後でヴィシャスの予言の意味が分かる。
    そういう意味だったんか!みたいな。
    私も間違えて理解してた(笑

    思い出したらまた読みたくなった!

  • ヴァンパイア好きな私にはたまらない作品です~。最高です。
    ニューヨークが舞台の、ヴァンパイア戦士と不死の一族の戦いの物語。

    ヴァンパイア戦士達が、すごくかっこいい。レザーとコンバットブーツ、武器を身を包んだ体のでかい筋肉隆々の美貌でタフでクールなブラザー達。何百年もの間ヴァンパイア一族を守り、命をかけて戦い続ける彼らが、一生に一人だけの最愛の恋人に出会い、情けないほどに惹かれていきます。
    シリーズで、一人ずつのそれぞれの恋の話です。

    完全に大人向け。ラブシーンが過激でエロティックで、それなのにものすごくロマンティック。

    全体通して、作者の強烈な個性と、パワーを感じる作品です。

    シリーズ2作目。ブラザーの中でも一番の美貌を持つRhageの恋です。全作でこれが一番好きです。

  • この前読んだJ. R. Wardの「DARK LOVER」の続編です。
    ヴァンパイアロマンスもの。大人のライトノベルです。
    頑張って(?)一週間で読みました。

    この本に限らず、洋書を読んでると、
    「Oh, God]とか「Jesus」とか、
    やたらと神様が多用されているのが気になります。

    これらを日本語で「おお神よ!」とか訳してしまうと
    かなり大げさに聞こえます。
    話の流れからするに、
    「ああ!」とか「何てことだ!」とかそれくらいでしょうか。

    向こうではキリスト教的な考え方が
    根付いているんだなーと思います。

    しかし、
    神様をあんまり多様し過ぎるのは
    品がないと何かで聞いたことがあります。
    確かにちょっと不信心な感じがしますよね。

    この本は多すぎです。
    大体スラングが多くて品があるとは言えない小説なので。。
    でも面白いからいいじゃん!
    深みのある小説を読んだ後はこういう軽めのを挟みたいですね。

全4件中 1 - 4件を表示

Lover Eternal: A Novel of the Black Dagger Brotherhoodのその他の作品

J.R. Wardの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

Lover Eternal: A Novel of the Black Dagger Brotherhoodはこんな洋書です

Lover Eternal: A Novel of the Black Dagger Brotherhoodを本棚に登録しているひと

ツイートする