Governing the Commons: The Evolution of Institutions for Collective Action (Political Economy of Institutions and Decisions)

著者 :
  • Cambridge University Press
3.50
  • (1)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 18
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・洋書 (298ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780521405997

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • オストロムはアメリカ政治学学会会長だったり、ノーベル経済賞受賞者だったりと、何の専門家なの?と疑問に思う方がいるかもしれません(いないかもしれません)。

    で、僕的に彼女は「協力論者」という定義が一番しっくりきます。

    オストロムの一貫したテーマは「人々はどのようにして社会的ジレンマを乗り越えて協力しているのか(できるのか)?」です。

    本書ではこのテーマに対して新制度学派の切り口から考察します。

    彼女は研究対象に「地域コミュニティ」と「コミュニティによる制度的介入」を設定し、コミュニティはどのような制度的介入によって協力を達成しているのか?制度的介入を行う主体としてコミュニティの政府や市場に対する優位性は何か?をびっくりするぐらい多様なケーススタディから議論しています。

    第1章では囚人のジレンマや集合行為問題など協力論の基本的問題を整理しており、この章だけでも読むに値します。

    山岸さんの「社会的ジレンマ」という新書を読んだうえで本書を読むと読みやすいかもしれません。

  • Governing the Commonsを読みました。昨年ではありますが、オストロム先生がノーベル賞を受賞されましたので。。白とブルーのあっさりした表紙ではありますが、内容はこってりです。実は、最後にちょっと疲れが出てきて朦朧とした頭では、全ての事柄を把握できず、まぁ、ちょっと読み飛ばしてしまったわけであります。

全2件中 1 - 2件を表示

Governing the Commons: The Evolution of Institutions for Collective Action (Political Economy of Institutions and Decisions)のその他の作品

Elinor Ostromの作品

Governing the Commons: The Evolution of Institutions for Collective Action (Political Economy of Institutions and Decisions)を本棚に登録しているひと

ツイートする