A Puzzle for Logan (Cambridge English Readers: Level 3)

  • Cambridge University Press (2001年10月18日発売)
3.31
  • (1)
  • (8)
  • (23)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :64
  • レビュー :16
  • Amazon.co.jp ・洋書 (64ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780521750202

作品紹介

Award-winning original fiction for learners of English. At seven levels, from Starter to Advanced, this impressive selection of carefully graded readers offers exciting reading for every student's capabilities. Ronnie Campbell has escaped from prison and Morag Mackenzie has been found murdered. Seven years ago Morag gave evidence in an Edinburgh court that sent Ronnie to prison for murder. Inspector Logan is not sure this case is as straightforward as it seems. She returns to the original crime scene in order to find out the truth. Paperback-only version. Also available with Audio CDs including complete text recordings from the book.

A Puzzle for Logan (Cambridge English Readers: Level 3)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • うーんプロットがありきたり、でもこの量のではこれが限界か?

  • シリーズ3作目。
    センテンスが少し長めになりましたが、あまりレベルが上がったという
    感じはしませんでした。

    7年前に殺人の罪で服役していたRonnieが脱獄したところから
    話が始まり、当時、Ronnieに不利な証言をしたMoragという女性が
    脱獄の直後に殺されます。
    この二つの事件には関連性があるのか、
    そしてRoonieは本当に殺人を犯したのか、
    LoganとGrantのコンビが真相を解き明かしていきます。

    7割くらい進むまで八方塞がりなのですが、
    良すぎるタイミングで、都合の良い人物が出てくるところが
    時代劇を見てるみたいでした。

    Loganは、1作目はオシャレとか気に掛けていない
    猛女ってイメージだったのですが、
    実は魅力的すぎて刑事には向いていないと
    思われていたんですね。
    印象が変わったので、次は心して読みたいと思います。

    85books YL3.6 14,473words
    total 1,296,859words

  • 2012||711 ローガンシリーズ

  • いろんな意味で、Loganってツイているし、冴えているなと思う。

    Loganが、容疑者が左利きかどうかを確認するシーンは
    シーンが目に浮かぶぐらい、かっこよかった。

    --------------
    201308 再読

  • Graded Readers 2回目。速読開始。99冊目。
    ローガンシリーズ3作目。内容は悪くなく、ちゃんと刑事ものの物語として楽しめる。が、文章が悪い。レベル3の本の中では一番読みにくいと思う。ローガンシリーズが好きな人以外にはオススメできない。
    【学べた単語】stand over、bobby、steal things、look across at、airy、a number of、at some point、half the night、know each other、at you service、loch、first thing in the morning

  • わたしにとって二冊目のLogan。
    そんなに都合よく会えるわけないじゃないという展開もありますが
    警戒している容疑者たちにどう話させるかというくだりはなかなか
    読み応えがあります。

    14000語は読み始めるとき、うっと、圧倒されましたが
    読み始めればなんとかなって、
    楽しめたこと、読みきれたことが自信になりそう。

  • 精読 未知語なし

  • 14000

  • YL 3.6  14,473語

  • (CER3、YL3.6、総語数14,473語)

全16件中 1 - 10件を表示

A Puzzle for Logan (Cambridge English Readers: Level 3)のその他の作品

Richard MacAndrewの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

A Puzzle for Logan (Cambridge English Readers: Level 3)はこんな洋書です

ツイートする