Logan's Choice(Cambridge English Readers:Level2)

  • Cambridge University Press (2000年12月7日発売)
3.39
  • (1)
  • (22)
  • (32)
  • (2)
  • (0)
  • 91人登録
  • 30レビュー
  • Amazon.co.jp ・洋書 (48ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780521795067

Logan's Choice(Cambridge English Readers:Level2)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 二回読んだ。英語の勉強。面白いストーリー。

  • 女性警部Loganの2作目です。

    レストランを経営する大金持ちのAlex Maclennan氏が
    自宅のバスルームで殺害されます。
    容疑は妻と義弟、レストランの共同経営者のRoss氏にかけられるが
    バスルームの窓から侵入し、黒い服を着ていたのは誰なのか・・・

    登場人物は少ないですが、最後まで犯人が分からなかったので
    読み応えがありました。
    聞き込みを何度も重ね、相手の顔色や心情を探る描写も
    細かく描かれていて良かったです。

    今作ではジャーナリストのボーイフレンドも出てきて
    Loganも若い女性なんだと分かって安心しました。
    一作目では服装に無頓着なおばさんっぽい女傑って感じだったので・・・

    74books  YL2.5 9,658words
    total 1,193,534words

  • 深夜の電話で起こされたLoganはScotlandの資産家Alex Maclennanの死を知らされ、捜査を始める。状況からは自殺のようだが、泣き崩れて質問への答えに詰まる妻と尋問に憤る兄。またAlexが経営していたレストランの共同責任者も不仲が噂されていた。Loganは容疑者との尋問を重ね、おとり捜査を決行する。9700wd

  • ある程度の長さを持った話の方が面白いです。ストーリー追いかけることで英語読む苦労を忘れます。

  • 被害者は金持ちで、仕事も家庭も人間関係も、もう、何もかもが満たされていた。
    そんな人が殺されました。
    華やかに生きていたから目立ってしまい、妬まれていました。

    Loganにとっても。

  • Graded Readers 2回目。速読開始。83冊目。
    以前に読んだ『Inspector Logan』はあまり面白いと思わなかったが、この本はなかなか面白かった。無難な一冊だと思う。ローガンシリーズは何作品あるのか知らないが、Level 2以上ならそこそこまともなストーリーとして楽しめるシリーズなのだろう。会話が非常に多いので、会話体の英語の勉強には向いているかもしれない。
    【学べた単語】come round、basin、at the moment、unusual for、not much more than、not much of a、have a closer look、pleased with oneself、just to be sure

  • シリーズ途中から読み始めてしまったけれど、面白かった。
    友達の奥さんだったから???と奥さんがこだわってたところはそのままながされたような?

  • YL:2.6
    語数:9700

  • I 've read twice.
    Interesting story. :)

  • シンプルなストーリー、人物構造、とても読みやすい。

全30件中 1 - 10件を表示

Logan's Choice(Cambridge English Readers:Level2)のその他の作品

Richard MacAndrewの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

Logan's Choice(Cambridge English Readers:Level2)はこんな洋書です

ツイートする