Angels And Demons: (Robert Langdon Book 1)

著者 :
  • Corgi
4.00
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 24
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・洋書 (624ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780552161268

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 【概略】
     ラングドンの前に現れたのはスイスのCERNという科学研究所のスタッフ。ラングドンの専門分野である紋章が、スタッフをラングドンの元を訪れた理由であり、その紋章は伝説となっているイルミナティだった。併せてバチカンでは次のローマ法王を選択するコンクレーブが開催されていた。重要な儀式の最中、法王候補者が誘拐され、更にバチカンを消滅させるという脅迫がなされる。その消滅に至る手段として準備されたのが、CERNで研究されていた反物質であった。反物質の発見と法王候補者の奪還、伝説となった秘密結社イルミナティと、ラングドンとの対決が時空を超えてバチカンで繰り広げられる。

    2010年01月27日 読了
    2021年12月25日 読了
    【書評】
     久々にダンブラウン。前回読んだのは2010年、いやぁ~成長してる、英語力(笑)記憶の問題もあるけれど、「あれ?こんなシーンだったっけ?なんかすごく鮮明!」な感じで読み進んだ。きっともっと英語力が up したらもっともっと鮮やかにストーリーを楽しめるのだなぁと思ったよ。
     さて、映画も観まくったこの「天使と悪魔」、映画と原作との違いはあれど、やはり宗教的な背景を土俵にサスペンス要素いっぱいで楽しめたね。
     フィクションという形で楽しめるタイプだからOKなのだけど、実際のところラングドンのような教授がこれだけの捜査といったことはできたりするのだろうか?ただ世の中には必ず「超越」という要素はあり、自分のような一般人の想像の及ばないことがあると思うから・・・あるよね(笑)その方が世の中を楽しめるね。

  • これは面白かった。
    映画も観たけど俄然本の方が面白い。

全2件中 1 - 2件を表示

DanBrownの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×