Lizzie Zipmouth

著者 :
  • Corgi
3.87
  • (9)
  • (19)
  • (8)
  • (0)
  • (2)
本棚登録 : 68
レビュー : 17
  • Amazon.co.jp ・洋書 (80ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780552557849

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • step familyのお話。新しいdadのSamはとてもいい人そうだけど…?
    great-granのおかげでうまく回り始める…よかったねLizzie、といったハートウォーミングなストーリーだった。
    英語は易しめだけどわからない単語も多々。使えそうな表現もいろいろあったけど(I nearly cried. とか)、あまり辞書も引かず、物語の大枠だけを楽しんでしまった感じ。

  • かたくなにお母さんの再婚相手やその家族を拒否していた主人公の女の子が心を開いていく話。後半のひいおばあちゃんとのやり取りで号泣してしまいました。年を取ると涙腺が弱くなるからか、リアルに想像できてしまうからなのか。
    子供向けの本だけれども、大人でも考えさせられる、良い本でした。

  • 多読本としておすすめされていた一冊。

    読みはじめて、複雑な家庭環境に驚いたり、まったくしゃべらないLizzieに心配になったりしながら、
    おもしろかったので一気に読んでしまった。

  • この作者のものは3冊目だったかな。
    子供向けながら、家族の中での居辛さを扱っているので、その日の気分によっては、余り読みたくないなあ、と思うこともあり。

  • YL: 3.0-3.5
    7,000語

  • お母さんの再婚に伴い新しい家族が出来たLizzieが家族と心を通わせるまでのお話。ジャクリーン・ウィルソンさんの書く典型的なお話ですね。

    イギリス作家さんのため、アメリカ英語になれた人には読みにくい言い回しがあって、思ったよりも読むのが苦労した1冊でした。でも内容的に引き込まれ、一気読み可能!!

    多読では辞書を引かないのが原則ですが、言い回し的に覚えたほうがいいものがたくさんあったので、辞書をひく事をお勧めする1冊です。

  • YL3.5 / 7,000w

  • [図書館]
    読了:2012/6/30

    7000
    41.75

    血のつながりよりもその人がどんな人か、が大事なこと。

    p. 46 I can't come.
    ひいお婆ちゃんの家にママは行けない、と言う時。

  • ドールハウスでばあちゃんと意気投合。

  • 母親の2度目の再婚。1度目の再婚では怒鳴られたりつらくあたられたため、主人公の少女リジーは口をきかないと心に決めた。再婚相手のおばあちゃんの家に行ったときにに変化がおこります。いやもう、感動しました。重い話しなのに全然重くなく、絵もコミカルなんですが、語り口もとても良い。最後の最後でまた感動し、ちょっと泣けてきました。和書にしてもすごく本は読むのですが、どちらかというと仕事ではノンフィクションや資料、趣味ではミステリーやファンタジー、ハードボイルドと何というか普通の人間ドラマな本は大人になってから読まなくなっていた気がするので、ものすごく新鮮でした。かなりのめり込んで読んだので、あっという間でした。

全17件中 1 - 10件を表示

JacquelineWilsonの作品

ツイートする
×