Encyclopedia Brown, Boy Detective

著者 :
  • Yearling
3.32
  • (2)
  • (9)
  • (13)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 43
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・洋書 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780553157246

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 4.0~5.0 YL 10415 words
    一つ一つの事件が短編集のように収録。
    お父さんより細部までよく優れている観察力と洞察力に脱帽!
    さらっと解決する優秀な探偵さん。読みやすいしおもしろい。
    シリーズなので集めて見たいですが、22冊くらいあるようなので、さすがに難しいかな。

  • ところどころわからないところあり。
    でも大体ストーリーは追えるかな、という感じ。
    凄くさくさく読めた。

  • 町の歩く百科事典Encyclopedia Brown。
    家のガレージで探偵事務所を開いて、次々と依頼を解決。
    時には、警察官のお父さんが事件を解決する手助けをしたりもする。

    5、6ページの短編が10編。
    推理ものというよりも、推理クイズ、‘頭の体操’系の感じ。

  • Encyclopedia Brown Series の第1巻/主人公は、歩く百科事典・Encyclopedia Brown!Brown少年はその頭の良さを生かして、町で探偵事務所をひらきます。次々と舞い込む依頼を、Brownと一緒に解き明かしてください。一話完結でだいたい5-10ページずつくらい。一冊に10話くらい入っています。文章も簡潔なので、GRレベル3が読めれば大丈夫です

  • ●お薦め度(平均): 4.0 ●YL(平均):3.5
    ●ISBN: 9780553157246(0553157248)
    ●シリーズ: Encyclopedia Brown
    ●ジャンル: F/推理物

     【●総語数:17,434 読了】

  • 読んでない><

  • 洋書初心者でも比較的読みやすい物語。
    「百科事典」というあだなの少年探偵のおはなし。

  • エンサイクロペディアというあだ名の少年探偵の物語。一つの話が10ページ以下の短い話で構成されている。そして一つの話につき一つの謎解きがあって、読者がその謎を解明するという構成になっており、英語の理解度のチェックにもなる。謎解きの難易度はそれほど高くないので、読んでる途中にオチが読めてしまうこともあるけど・・・。このエンサイクロペディア君は、推理しながら人の話を聞くとき目を閉じるのが癖なのだが、まるで「推理してやるから話してみろ」って大きな態度を取ってるような感じがして、「何て生意気なガキ!」と思ってしまってしかたがない。連作短編形式のためか話がブツギレで、ストーリー性という意味では今ひとつかも。語彙のレベルは低いけど、英語独特の表現が多くてわりと難しい。英語の勉強にはなる。
    <a href="http://d.hatena.ne.jp/Charu/20031024">http://d.hatena.ne.jp/Charu/20031024</a>

全10件中 1 - 10件を表示

Donald J.Sobolの作品

ツイートする
×