Passage: A Novel

著者 :
  • Bantam
4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 3
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・洋書 (800ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780553580518

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • とりあえず、頑張れ自分!ということで、進捗状況報告をしていくことにする。(記録を取っていくと割りと頑張れる自分。体重も特になんもしてないけど、記録するようにしたら、なんかやたらと減ってきた!すごいなー。)
    現在222ページ目。(7/1)ゾロ目だ。4分の1は進んだってことだな!
    昨日は2章分くらい読んだ。そして今朝恐ろしく混んでいる電車の中で2ページだけ読んだ。(※迷惑)
    あたいの英語、ドイツ語読むペースは30ページ/hくらいです。日本語の3倍。(日本語読むのもそんな早くない。)
    う〜ん、なんとか日本語の2倍くらいにまで持ってきたいとこだ。
    ってことは、これ読むのに約25時間かかるということか。・・・・・・・・・そんだけかける価値があるのかなー。あるといいなー。
    今までんとこは、やたらと話が長くて人の話を遮ってまでしゃべりまくりたがる人が二人も出てきて、その人たちを抑えるのにタイヘン☆みたいな状況が事細かに描かれてます。(ちょっと違う)分かるわー!いるよね、そういう人。(自分じゃないのか)(一応違う・・・つもり・・・)
    そんでこれは、エンタメ系。
    コレの前に読んでたのがムーンパレスで、その前が若かった頃、でどっちも文学系だったのねえ、と改めて思った。最初の一ページ、一行目からあからさまに違うもんなんだなあ、と。
    文学系かエンタメ系かの違いって、自分という存在に疑問を抱いてるかどうか、なのかな。たとえば簡単に言うと、コレだとヒロインが「私は女」ということを全く疑わずに受け入れてて、そのことについて今更考えたりしないんだろうなーてのが。エンタメ系やなあ!と思った。


    245ページ。(7/2)
    す、進んでねー!!昨日はおうちでは1ページも読まなかったからな・・・。全然励みになってないやんけー。

    持ってくんの忘れた。(7/3)
    さ、さいあくだー!終わってるー!!
    まあ、とにもかくにも3分の1は過ぎたので、きっと(たとえ返却期限に遅れても)(・・・・・)読み終わるだろう。

    287ページ。(7/4)
    相変わらず進んでないな・・・。ノルマ一日40ページだったはずなんですけど。(そして今や50ページに上がった)
    おうちで全然読んでないからなー。DVDが見たーい。(・・・)そして今日もガッツリ飲み会だから読める気がかけらもしない。土日読むよきっと!多分!おそらく!
    しかし第2章に入ってかなり、・・・・・・・・・?な展開になってきた。大丈夫なのかコレ。

    355ページ。(7/7)
    しかし、相変わらず話好きな人に引っかかって、ヒロインウ〜ンザリ↓↓なエピソードの連続なんですけど、どうなんでしょうか。いや、もちろんそのウンザリさには大変共感しますが。(私もそういう人の話を終わらせるのが大層苦手)

    382ページ。(7/8)
    進んでな〜い♪そして話も進まな〜い♪

    421ページ。(7/9)
    返却期限は・・・恐ろしくて言えない。(一回返してもっぺん借りたらどうだ)
    でもとりあえず半分は済んだな!

    477ページ。(7/10)
    ちょっと進んだ・・・な!
    Kitの話ですいすい読めた。

    496ページ。(7/11)
    進んでない・・・けど、面白くなってきた。(今頃か〜)

    573ページ。(7/13)
    おお、第2章を読み終わった!残り200ページだ!!
    しかし、ほんまにエンタメ系な展開である。

    621ページ。(7/15)
    ・・・・・昨日1ページも読んでないからな・・・・・。今週中には読み終わりたいんだけどな・・・。

    636ページ。(7/16)
    ま、まあね、昨日はパソコン設定という大事業を成し遂げたからいいよね。多少サボったってね。

    681ページ。(7/17)
    やったー!あと残り100ページを切ったー!!

    読了。(7/19)
    フー、一週間遅れだけど、まあ想定範囲内だからいいよね!(よかねーよ)
    しかし、人様の感想とかを読んでいたら、ラストが怒涛の展開!号泣!ってことだったけど、すすすすいません、すいーっと読んでしまった私は人非人?
    テーマ自体は重いものの、テイストが非常にハデで、エンタメ系〜って感じだったもんで。
    メイジーの死に対する恐怖ってのでは、トーマの心臓読み返したくなった。

全1件中 1 - 1件を表示

ConnieWillisの作品

Passage: A Novelを本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
ツイートする
×