Kitchen

著者 :
  • Faber & Faber
3.25
  • (1)
  • (3)
  • (11)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 44
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・洋書 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780571171040

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 吉本ばなな  「キッチン」英訳版 

    【配架場所】 図・3F開架図書 
    【請求記号】 913.6||YO
    【OPACへのリンク】
     https://opac.lib.tut.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=172834

  • 英語でも読みやすかった。ただ、日本語の文でくすりと笑えるようなところを、英語でも笑えるかといったら何とも言えない。わたしの母国語が日本語で、もう頭の中に台詞のイメージが出来上がっているからかもしれない。ネイティブスピーカーには伝わっているんだろうか?
    2014/2/17

  • こんな話だったっけー、とびっくりする程内容を覚えてない自分に驚いた。確かに高校生の頃に読んだはずなのだけれど。ひんやりとした、夜中のしずまりかえったキッチンが好き。冒頭のそのシーンだけが強く印象に残っていた。みかげ、ゆういち、母であり父であったえりこ。ラストは東京に戻ったゆういちが、伊豆のみかげが宿泊しているホテルを探し当てて、迎えに行くと告げるところで終わる。どこからかけてるの?東京。その一言で、みかげは全てを悟る。ゆういちは、もう大丈夫だと。
    ほー。こんな話でしたか(^^)

  • 表紙に台所つまて書いてあるのが気に食わない。

  • 英語になって、はじめて、吉本ばなな が、何が言いたかったかが分かったかもしれません。

    戦後世代で、現代っ子で、新進の文学者の、視線の半分くらいは、欧米になじむものだったのかもしれません。

    英語で読んでから、日本語を読むと、ああ、なるほどと思えるかもしれません。

  • "The place I like best in this world is the kitchen." Banana Yoshimoto's debut novel begins with a girl's monologue. How to live and how to die, loneliness and tenderness: this is the origin of Yoshimoto's distinctive style of writing. The sequel to Kitchen, Full Moon is also included.

全7件中 1 - 7件を表示

BananaYoshimotoの作品

ツイートする