A Pale View of Hills

著者 :
  • Faber & Faber
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・洋書 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780571258253

作品紹介・あらすじ

In his highly acclaimed debut, "A Pale View of Hills", Kazuo Ishiguro tells the story of Etsuko, a Japanese woman now living alone in England, dwelling on the recent suicide of her daughter. Retreating into the past, she finds herself reliving one particular hot summer in Nagasaki, when she and her friends struggled to rebuild their lives after the war. But then as she recalls her strange friendship with Sachiko - a wealthy woman reduced to vagrancy - the memories take on a disturbing cast.

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 遠くまで続く丘陵が薄明かりの中霞んで見える。タイトル通り、つかみ所のないあいまいな過去の記憶を、主人公がたどっていく物語。純文学ってこういうものだよなあ、としみじみ感じます。

    英語で読んでいるのに、長崎時代のストーリーは、私の脳内では小津安二郎監督による映像で上映されていました。小津安二郎の普遍性と、カズオ・イシグロの日本研究と描写力のなせる業でしょうね。

    以下ネタバレですが、
    特筆すべきは
    ・娘の自殺の理由
    ・長崎時代のその後
    ・英国に来た理由
    が全く描かれていなかったこと、
    ・無意識の中で義父やサチコの行動に追随していること
    ・「縄」のエピソードが重複して出てきたこと(おそらく)
    ・ケーブルカーに乗ったのが「ケイコ」にすり替わっていたこと

    幻想的でミステリアスな作品でした。英語の勉強として簡単な文章ながらも文学に触れたいと思って選びましたが、これはもっと読解力がついてから再読したいです。

  • [戦争と日本人を静かに語る芋 / 長崎とイギリスを舞台に / 抑制された文体] 「女たちの遠い夏」と日本書紀の題名ですが、そのHillsとは長崎の稲佐山です。イギリスの(日系人)作家(1954~)の初期作品。日本人の軌跡がはるりき山と重なります。

全2件中 1 - 2件を表示

KazuoIshiguroの作品

ツイートする