When We Were Orphans

著者 :
  • Faber & Faber
3.80
  • (1)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 23
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・洋書 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780571283880

作品紹介・あらすじ

England, 1930s. Christopher Banks has become the country's most celebrated detective, his cases the talk of London society. Yet one unsolved crime has always haunted him: the mysterious disappearance of his parents, in old Shanghai, when he was a small boy. Moving between London and Shanghai of the inter-war years, "When We Were Orphans" is a remarkable story of memory, intrigue and the need to return.

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 幼少時に両親が相次いで失踪するという悲劇に見舞われた主人公は、著名な探偵に成長し、自ら両親の捜索に乗り出す。主人公の無軌道ともいえる行動力とミステリーの吸引力に引き込まれ読み通したが、(恐らく意図的とはいえ)尻切れトンボなエピソード・人物が多く消化不良感は強い。子供時代に囚われ、時代に翻弄されながらも、不思議とあっけらかんとした主人公の逞しさが印象に残った。

  • ★3.5。
    題の付け方がなかなか考えられている(みんなそうかもしれないけれども)。
    主人公の周りには色んな人物がいるのだが、どの人物にも確たる手応えを主人公が感じられない焦燥感見たいな揺れを”探偵”的視点で描き出していく。最終的にはChristopher自身の自分という存在の把握の困難さにその命題は収斂していく訳ですが、よくある「自分探し」では決してなく、ある意味人間の本質たる孤独性の突き詰め感がこの本の良さというか重厚感をもたらしているのかも。

  • うーん。期待したほどでは。。。。

全3件中 1 - 3件を表示

KazuoIshiguroの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする
×