Kitchen

  • Faber & Faber
4.00
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 21
感想 : 5
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・洋書 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780571342723

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 吉本ばななのキッチンの英訳版。
    6月に入ってそろそろ夏が始まりそうな気配がするころ、毎年この本「キッチン」と、その次に出版された「うたかた/サンクチュアリ」を読む習慣がある。
    吉本ばななの初期の頃の作品が纏う、透明感や瑞々しさは、この季節によく似合う。
    いつもは手元の古い文庫を引っ張り出してくるのだが、諸事情あり今年は英訳版を図書館で借りて読んだ。

    日本語の原文の空気感を良く掴んだ翻訳だなというのが第一印象。英文を目で追いながら、頭の中では慣れ親しんだ1年ぶりのキッチンの原文が浮かぶというような不思議な読書体験になった。
    吉本ばななの文体って独特だけど、あの感じをできうる限り上手に英語に変換するとこうなるのかと。この姿で世界中の本屋に並んでいるのね、君は。よかったよかった。

    本を開くたびに、この作品の一番好きなところはこの出だしだなと思う。英語版もその素敵さは失われていない思う。素晴らしい:
    The place I like best in this world is the kitchen. No matter where it is, no matter what kind, if it’s a kitchen, if it’s a place where they make food, it’s fine with me. Ideally it should be well broken in. Lots of tea towels, dry and immaculate. Where tile catching the light (ting! Ting!)

  • It was my first book of Banana Yoshimoto. I happened to encounter this book when I watched moya’s youtube channel, where she highly recommended it so I started to read it.
    It did not become one of my favorite books but it was easy to read and made me feel that I want to read her books more. I have not experienced the death of my parents or grandparents, which I don’t want to, but the characters in this book has done it several times. I think I would read it again when I lose someone important to me.

  • 総語数:44041

  • 一度日本語で読んだことがあると言うのもありますが、読みやすかったです。

  • ↓貸出状況確認はこちら↓
    https://opac2.lib.nara-wu.ac.jp/webopac/BB00268407

全5件中 1 - 5件を表示

BananaYoshimotoの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×