Normal People

著者 :
  • Faber & Faber
4.00
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
感想 : 2
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・洋書 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780571347292

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • すごくよかった。読みやすいし、楽しいだけの話ではないけれども、先が気になってどんどん読む感じもあって。
    舞台はアイルランドの小さい町。
    簡単にいうと高校から大学時代までの男女の恋愛モノ、なんだけど、けっこう深くて、人間関係とは、とか、人との出会い、みたいなことを考えさせられる。

    高校時代、貧しいシングルマザー家庭に育ったけれど高校ではサッカーのスター選手で人気者のコネルは、裕福だけど問題ある家庭の育ちで変わり者で嫌われているマリアンに惹かれ、でも、まわりの目が気になるから秘密でつき合うようになって体の関係までもつのに、プロムには別の子を誘い、マリアンは傷ついて高校にも行かなくなる。それからふたりは会わないまま、同じ大学に進学するんだけど、今度はマリアンが人気者になって、内気なところのあるコネルは大学になじめない。やはり強く惹かれ合っているふたりはまたつき合いはじめて、でもまたちょっとした行き違いで別れることになって。という感じで、ふたりがくっついたり別れたりがくりかえされるんだけど。

    コネルもマリアンも、なかなか人となじめない、居場所がない、普通の人と自分は違う、と感じているところがミソで。コネルはマリアンと別れたあと、パーフェクトな恋人を見つけるんだけど、その子といると自分が人々のなかにうまく溶け込めると感じて、でも、マリアンといるときは、マリアンとふたりだけで他の人々とは別の場所にいる、というように感じるところが印象的だった。

    コネルとマリアンは互いに出会ったことで、傷つきながらも、長い時間がかかりながらも、少しずつ成長していくっていうのがよくわかって。

    このふたりのこの先ももっと読みたいと思った。続編が出ないかなあ。。。

  • 本屋でよく見かけて気になってた本。
    アイルランドの田舎町で、高校の同級生として知り合ったConnellとMarianne。周囲から変わり者として扱われていたMarianneと、いつも友達の輪の中にいたConnellが、ダブリンにある同じ大学に進学した後も、くっついたり離れたり、お互いにそれぞれパートナーを持ったり、2人共が心に闇を抱えたりしながら、それでもお互いの存在を特別に感じつつ成長していくストーリー。本来なら、途中で「おお!!」ってビックリする展開がある話が好きで、この作品みたいにしっとり、ゆっくり進んでいく話は退屈してしまうけど、これは面白かった。メインキャラクター2人の心の葛藤とか、周りと一線を置いて冷静に自分を見ている感じとか、全体的に暗い話だけどリアリティがあった。最後の最後で、2人がやっと結ばれてハッピーエンド☆ってならないのも、逆に良かった。この人が書いた処女作のオーディオブックもダウンロード済だから、そっちも聴いてみよう。

全2件中 1 - 2件を表示

SallyRooneyの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×