*BORROWERS PGRN2 (Penguin Readers (Graded Readers))

著者 : Sherwood Smith
  • Longman (1999年3月11日発売)
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (13)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :20
  • レビュー :8
  • Amazon.co.jp ・洋書 (48ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780582363991

*BORROWERS PGRN2 (Penguin Readers (Graded Readers))の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 小人たちはみんないい人なの!っていう世界観のお話。

    「盗んでいない、ただ借りているだけ」って、
    モノはいいようですねぇ。

    「借り暮らしのアリエッティ」ってここから来たのか〜!、
    という変な気持ちにもになりました。

  • YL2.4-2.6 6500w
    『床下の小人たち』『借りぐらしのアリエッティ』の原作簡略版。

    映画のGRは当たり外れが大きい。ドタバタしていて読みづらかった。

  • ドラマ化されたもののノベライズ。

  • ○あらすじ

    Clockさん一家は、家主のLenderさんの家にこっそり住んでいる

    "Borrowers"と呼ばれる小人の家族。

    ある日、弁護士のMr Potterによって、Lenderさんがおばさんから

    遺産として相続したはずの家を追い出されてしまいます。

    これを知ったClockさん一家もLenderさんと一緒に引っ越すことを

    決めるのですが…。

    (あらすじは参考程度にお願いします。)


    ☆感想☆

    Mary Norton作の「The Borrowers」映画版のGRです。

    ジブリが映画化する「借りぐらしのアリエッティ」の原作でもあります。


    設定のよく似たThe Littlesシリーズは、ほのぼのとしていますが、

    こちらはドタバタコメディー系でした。

    原作はどうなんでしょう?


    ちょっと、色々な説明が省かれていて読みにくかったのが残念です…。

    牛乳工場で、いきなりチーズが出てくるシーン…

    同じ乳製品だけど、どうして急に!?っと想像しにくかった;;

    映像で見た方が、面白いと思います。

  • 床下に住む小人と、対立する弁護士の話

  • 114冊目 YL;2.4 語数;6500

  • これは読みやすかった。

全8件中 1 - 8件を表示

Sherwood Smithの作品

*BORROWERS PGRN2 (Penguin Readers (Graded Readers))はこんな洋書です

ツイートする