*RIP VAN WINKLE & THE LEGEND PGRN1 (Penguin Reading Lab, Level 1)

著者 :
  • Pearson ESL
3.05
  • (0)
  • (4)
  • (14)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 30
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・洋書 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780582420519

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • "Rip van Winkle"は浦島太郎のアメリカ版みたいな話。そっくりだから実際に真似てるのかも。Ripは楽しい思いもしないで一日で二十歳年をとったからより悲惨だけど。"Sleepy Hollow"は古典的なホラー。救いのなさであまり好きじゃない。3,900 語(11063語)

  • W3900 T865527

  • アメリカ版浦島伝説?
    でも、最期にハッピーエンドになっちゃって、
    自慢話になっちゃってるところが、アメリカン。

  • Rip Van Winkle は山で白いあごひげを蓄えた老人の集団に出会った。水をもらって一眠りして町に帰ってみると、町はすっかりかわってしまっていた。他1編

  • ちょとしたミステリーが2話収録。
    一つは日本でいえば浦島太郎的なストーリーかな。スラスラと読めました。

    20冊目

    YL 1.2
    総語数 3900語

  • 映画「スリーピーホロウ」が大好きなhanamoさんとしては、ぜひとも押さえておきたい1冊。
    「The Legend of Sleepy Hollow」だけに過大な期待を寄せて読み始めたのですが、
    前半の「Rip Van Winkle」の方がおもしろかったです…。
    というか、後半は全然おもしろくなかった・・・。
    もっと怖いものを期待していたのですが、主人公のへなちょこぶりだけが目に付いて、全然怖くなかった。
    映画とはぜんぜん設定が違うのに、登場人物の名前だけはそのまんまなんですよね。
    イカボット君、捜査官から教師に転身してるし・・・。
    イカボット君、主人公のくせに影が薄い。キャラが立ってません。
    ジョニー・デップのイカボット君はあんなに魅力的なキャラなのに・・・はぁ・・・。
    いかにへなちょこであっても、イカボット君はカトリーナと結ばれて欲しかったな〜。残念。

全6件中 1 - 6件を表示

WashingtonIrvingの作品

ツイートする
×