*ROUND THE WORLD IN 80 DAYS PGRN2 (Penguin Readers, Level 2)

著者 : Jules Verne
  • Pearson ESL (2001年1月22日発売)
3.22
  • (1)
  • (4)
  • (11)
  • (2)
  • (0)
  • 30人登録
  • 8レビュー
  • Amazon.co.jp ・洋書 (38ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780582426658

*ROUND THE WORLD IN 80 DAYS PGRN2 (Penguin Readers, Level 2)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 今まで読んだペンギンリーダーLevel2の中で一番面白かった

    友人5人でReform ClubでカードをするFogg。
    滅多に会話をしない彼らだが、その日は英国銀行から大金が盗まれたという新聞記事の話に。
    その記事の延長でFoggは「世界を80日間で一周できる」と主張し、「彼が本当にできるかどうか」をベットにかけることになる。
    ベットにかけるお金は英国銀行にあるFoggの預金。
    世界では何があるか分からない。
    Foggは約束通り80日間で世界を一周できるのか…。

    英国紳士らしきFoggの振る舞いがかっこよかった。
    初めは時間にきっちりしすぎるFoggの素振りが好きになれなかった。
    しかし、ページを追うごとにその個性が魅力に変わり、自分の言葉通りに有言実行を成し遂げていくFoggのかっこよさが見えてくるのだった。

  • タイトルは知ってたが今まで読んだことがなかった本。英語の勉強。

  • 80日間で世界一周するために、Phileas Foggは旅先で尋常じゃない金の使い方をする。あっぱれ。

    普通、こんな無茶な賭けをしてしまったら、結果が出るまでは精神が不安定になるだろう。
    しかし、Phileas Foggはそんな不安も見せないのだった。

    Phileas Foggって気取ってんの? なんか複雑な奴、と思いきや、
    実はそうでもないのですねぇ。
    紳士の極端な例なんでしょうね。

  • YL2.2-2.6 8579w 『80日間世界一周』の簡略版。旧バージョン。現在はPAR(Penguin Active Reading)に移行。

    有名なのに読んだことがなかったので手に取った。話を知らないのにもかかわらず長いストーリーをうんと縮めた感じが、いまひとつだった。この話はオリジナルが絶対におもしろいだろうと思うが、SSSのレビューで星5つなので再読したい。

  • YL:2.4 語数:8400

  • 世界一周の旅行記を期待していましたが、時間を気にしながら、いそいそと先を急ぐせわしなさを感じました。

全8件中 1 - 8件を表示

*ROUND THE WORLD IN 80 DAYS PGRN2 (Penguin Readers, Level 2)のその他の作品

Jules Verneの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

*ROUND THE WORLD IN 80 DAYS PGRN2 (Penguin Readers, Level 2)はこんな洋書です

ツイートする